« 政治を考える市民の会・山口 | トップページ | 丁寧な説明? »

2015年7月30日 (木)

礒崎首相補佐官の釈明

 礒崎氏の26日の発言

「考えないといけないのは、我が国を守るために必要な措置かどうかで、法的安定性は関係ない」
 今日のtwitterで釈明
「法的安定性を否定したものではなく、自衛権は必要最小限度の範囲にとどまるべきだという基準により法的安定性は保たれている」 
  必要最小限度であれば合憲だと言いたいのだろうが、この人は、何もわかっていないようだ。
 必要最小限度は3要件の一つに過ぎず、最も大切なのは、第1要件(国民の権利が覆される明白な危険がある場合)に該当するかどうか、そして、それは従来の解釈の枠内にあるかどうかである。
 参考人として呼ぶのであれば、今回の集団的自衛権の行使を合憲とする彼の根拠を具体的に聞いてみると面白い。
 確か、安倍さんも、似たような答弁をしていたはず。
0730

人気ブログランキングへ

|

« 政治を考える市民の会・山口 | トップページ | 丁寧な説明? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/61988040

この記事へのトラックバック一覧です: 礒崎首相補佐官の釈明:

« 政治を考える市民の会・山口 | トップページ | 丁寧な説明? »