« 安保特別委員会・参考人(2) | トップページ | 安保特別委員会・参考人(3) »

2015年7月 4日 (土)

陳謝になっていない

  「極めて不適切だった。国民に対し大変申し訳ない。沖縄県民の気持ちも傷つけたとすれば申し訳ない」

 自民党議員の勉強会での報道への圧力や沖縄をめぐる発言に対する安倍さんの陳謝と言われる言葉である。
「沖縄県民の気持ちも傷つけたとすれば・・・」
 彼らの常套手段であるが、仮定の話になっており、自らの非を認めておらず、謝ったことにもなっていない。
「沖縄県民の思いに寄り添って負担軽減、沖縄振興に力を尽くしてきた我が党の努力を無にするかのごとき発言が行われた」
 百田氏の発言に対するコメントであるが、自らの党の問題にすり替えているだけ。

人気ブログランキングへ

|

« 安保特別委員会・参考人(2) | トップページ | 安保特別委員会・参考人(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/61837149

この記事へのトラックバック一覧です: 陳謝になっていない :

« 安保特別委員会・参考人(2) | トップページ | 安保特別委員会・参考人(3) »