« 憲法学者らの声明 | トップページ | 安保法案が衆院通過 »

2015年7月15日 (水)

民意を無視する政治

 鹿児島県の川内原発に燃料棒が注入され、今日、原子力規制委員会における伊方原発の審査が終了したとのこと。福島の事故の経験を忘れ、再び原発を利用しようという動きが急である。

 私たち市民政党「草の根」は、「原発廃止という方向で今後のエネルギー政策に関する国民的議論をすることが先決であり、住民の避難計画も整備されず、安全性に関する責任の所在が不明確なままで各地の原発の再稼動に突き進むことに強く反対する」という趣旨の声明を、昨日14日に発表した。詳細は、「0714.docx」をダウンロード
 安保法案の強行採決が行われた。多くの国民の声に一向に耳を傾けようとしない。
民意に反する政治もここに極まれりと言うべきか。

人気ブログランキングへ

|

« 憲法学者らの声明 | トップページ | 安保法案が衆院通過 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/61892147

この記事へのトラックバック一覧です: 民意を無視する政治:

« 憲法学者らの声明 | トップページ | 安保法案が衆院通過 »