« 錦帯橋空港の利用助成 | トップページ | 草莽塾・光の開催について »

2015年6月15日 (月)

数少ない憲法学者の言

「日本国憲法は集団的自衛権に言及していない。つまり、『否定していない』ということだ。よって、国家の固有の権利として、集団的自衛権を有すると考えることができる」 「憲法学者の中に護憲論者が多いことは否定できない。憲法の条文だけを眺め、現実離れした『机上の空論』に終始する風潮があるが、私に言わせれば思考停止だ。国際情勢など、現実的な大局を踏まえようとしていない」

「問題なのは、こうした空気が憲法学界を支配し、モノを言いにくくなっていることだ。『改憲論者です』などと言おうものならもう終わり、という雰囲気すらある」
 官房長官が挙げた百地章教授(日本大学)の言である。(新聞記事より)
 安保法制と憲法の関係について何も語らず、ただ時代の変化に合わせて解釈を変えればいいと言っているように読める。
 護憲、改憲という前に、憲法の中身を変えたければ、正規の手続きを踏めばいい、そんな当たり前のことがどうして言えないのだろうか。
06145

人気ブログランキングへ

|

« 錦帯橋空港の利用助成 | トップページ | 草莽塾・光の開催について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「対米公約」を反古にすれば
「自分の首を飛ばされる」、
 その認識は正しいのでしょうが…(苦笑)。

「みっともない総理ですよ。はっきり言って。」

投稿:  ぺれすとろいか | 2015年6月16日 (火) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/61748702

この記事へのトラックバック一覧です: 数少ない憲法学者の言:

« 錦帯橋空港の利用助成 | トップページ | 草莽塾・光の開催について »