« 武力行使の新3要件 | トップページ | »

2015年5月29日 (金)

国会論戦

 相変わらず、ホルムズ海峡の機雷掃海が繰り返し取り上げられているが、こんな非現実的な事例に拘っていてもあまり意味はない。
 どうして、もっと本質的な部分に切り込まないのであろうか。
 集団的自衛権の本質といえば、ただ一つ、アメリカが中国や北朝鮮と戦争を始めて時に、日本はそれに参戦することができるのか、どこまで武力行使ができるのかということである。
 もちろん、法律の審議を行っているのだから、「念頭にない」などという安倍さん個人の思いなど何の関係もない。純粋に法律の解釈について深めるべきである。

人気ブログランキングへ

|

« 武力行使の新3要件 | トップページ | »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/61661041

この記事へのトラックバック一覧です: 国会論戦:

« 武力行使の新3要件 | トップページ | »