« 民主党の代表選(2) | トップページ | 佐賀知事選(2) »

2015年1月10日 (土)

沖縄への対応

沖縄県知事に対する国の対応について、東京新聞の取材を受けた。
 安倍さんはもちろん、官房長官や大臣にも面会を拒否され、さらに、振興予算までカットされるという。
 まるで、以前の岩国を見ているよう。
 何の理由もない、ただ、国のいうことを聞かないからと予算を削る。こんなことを許していたら、自治も民主主義も何もない。
 知事は県民の代表であり、その知事を冷遇することは、背景の県民を切り捨てるということ。
 選挙が終われば、政治はすべての国民を対象とすべき、当然のことである。
 感情的で大人気ない対応は、みっともない。

人気ブログランキングへ

|

« 民主党の代表選(2) | トップページ | 佐賀知事選(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうそう、着工した市庁舎の棚ざらし、あの顛末に
味をしめたことが“雛型”になっているのでしょう。
きわめて目先の、近視眼的思考に踊らされた岩国市民にも責任の一端が存在しています。
“暴力装置”を備えた組織に相応しい、
まさに、脅迫と恫喝の強権思考そのものなわけですが、
より問題なのは「文民統制」すべき立場の人間が、
さらに輪をかけて偏狭な“先軍志向”であることだと思います。
愚かな人物に権力を“丸投げ”した代償は、
思いのほか、高くつくことになるでしょう。

投稿: 岩国市民 | 2015年1月11日 (日) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/60953843

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄への対応:

« 民主党の代表選(2) | トップページ | 佐賀知事選(2) »