« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

政治家の嘘

 「安倍さんをはじめ、政治家の言うことは嘘ばかり。どうしてあんなに嘘をついて平気なのだろうか。 普通の人が同じことをしたら大変なことになる」

 ミニ集会での発言であるが、まさにその通りである。
 どうしてそんなことになるのか。それは、彼らの選挙基盤が世襲地盤、団体や企業であり、国民ははなから相手にしていないからである。
 だから、国民をごまかしても平気なのである。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水)

人質事件(2)

  このまま行けば、アメリカなどは、近いうちにイスラム国に対する地上戦を始める可能性大であり、日本もそれに参加することになるだろう。 

 その手段は、すでに用意されている。
 集団的自衛権と同時に閣議決定された「後方支援」の拡大である。
 これによれば、後方支援という名の下、戦闘行為を除いて何でも多国籍軍の支援ができるようになっている。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人質事件

 イスラム国に拘束された2人の日本人のうち一人が殺害され、もう一人については、ヨルダンの死刑囚との交換という条件が出され、その交渉の行方が焦点になっている。先ほど24時間という期限が切られ、事態はさらに緊迫してきている。
 もちろん、無事に解放されることを期待したいが、ここに至った背景について考えて見る必要がある。
 積極的平和主義といえば聞こえはいいが、要するに、欧米諸国と一緒にテロ対策に参加しようとする安倍さんの軽率な行動が、こうした事件の一因になっているのは間違いない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

地区集会始まる

 井原すがこ後援会の地区集会が始まった。
 第1弾は、平田地区の3箇所。
 いずれも、大勢の方に参加していただき、熱心な議論が行われた。
 本人の思いを直接語りかけ、参加者の意見をお聞きする。
 やはり、集会が基本である。
 次回の予定は、次の通り。
 1月28日(水)
  10:00〜11:30 桜ヶ丘自治会館(室の木4丁目34−16)
  14:00〜15:30 室の木中供用会館(室の木2丁目7−10)
  19:00〜20:30 サンランド会館(山手町2丁目54)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

信頼が勇気と活力に

 嬉しかったことが、2つ。
 思いがけない出会い。私の顔を見ると、以前の選挙のことを思い出し、「残念」と言って涙ぐむ人。
 いつも変わらぬ姿勢で応援していただいているご夫婦に招かれ、食事をしながら歓談。思わずビールも進み、久しぶりに楽しいひと時を過ごす。
 こうした方々の信頼が、私たちの勇気と活力につながる。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井原すがこの地区集会

 4月に向けて、井原すがこの地区集会が本格的に始まる。
 第1弾は平田地区。詳細は、次の通り。
  1月25日(日)
   10:00〜11:30 梅ヶ丘自治会集会所(梅ヶ丘保育所隣)
   14:00〜15:30 和泉会館(トーヨド団地)
   19:00〜20:30 平田1丁目集会所  地区の世話人の皆さんのご協力で、チラシをたくさん配布していただいたが、 果たしてどれだけ参加していただけるだろうか。集会の前は、いつも心配である。  お時間のある方は、お気軽にお立ち寄りください。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

テロとの戦い

 「テロには屈しない」「テロとは断固として戦う」・・・
 言葉は勇ましいが、今、私たちは重要な岐路に立っている。
 宗教戦争、世界戦争の恐れさえある。
 アメリカやフランスの側に立って、その当事者となるのか、それとも、第三者の立場から平和を模索するのか。

人気ブログランキングへ

 安倍さんのように一直線では、心もとないこと甚だしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イスラム国による人質事件

 イスラム国が日本人2人を人質にとり身代金を要求する事件が発生。
 卑劣なやり方であり、許されるものではないが、結果的に安倍さんの中東歴訪が利用された格好である。
 積極的平和主義、集団的自衛権、後方支援・・・
 もっともっと大きな危険と背中合わせであることを忘れてはならない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

政治を考える市民の会

 「政治を考える市民の会・山口」の立ち上げに関する報道を見て、早速2人の方から私や事務局に問い合わせがあった。

 「こうした会ができることを待っていた」「是非参加したい」・・・
 とのことであったので、「新しい会」の趣旨をご理解の上、ぜひ賛同者に加わっていただきたいと思う。
 今後、定期的な会合や勉強会を通じて会員を増やしながら、可能な限り4月の統一地方選にも具体的に関わっていきたい。
0117

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

「政治を考える市民の会」の立ち上げ

 県内各地から有志が山口市菜香亭に集い、「政治を考える市民の会・山口」を立上げた。  会の趣旨は、市民が主権者として立ち上がり、自らが主体となる新しい政治を起こすこと。

 目指すべきは、あくまで「人」を大切にする社会、地域づくり。
 手法として、大切なことはみんなで決める、真の民主主義の実現を図ること。
 各地域の自主的な活動を支援し、自由なネットワークを形成する。
 そして、自ら政治家を育成し、選挙支援などを行う。(詳細は別添参照「0117.docx」をダウンロード
 ここ山口から、市民が主体となり政治を変える、他にあまり例のない取り組みになると思います。
 ご関心のある方はどなたでも、遠慮なくご連絡下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑のハンカチ

 井原すがこの後援会資料を持って挨拶まわりをしていて、緑と黄色のハンカチが顔を出しているポストを見つけ、思わず家主に声をかける。
 緑は彼女、黄色は私のイメージカラーであり、以前私たちが差し上げたものだという。長い間大切にしていただいていたと知り感激、早速、記念写真におさめる。
 明日は、山口で、市民が主体となる政治を考える新しい会の立ち上げための会合がある。一つの方向性を出せればと思う。
0116

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

仏週刊新聞の風刺画

 テロ攻撃された仏週刊新聞「シャルリー・エブド」が、再びイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載した特別号を数百万部発行するとのこと。

 フランスを中心に「テロに屈せず表現の自由を守る」との大合唱。
 もちろん、テロは許されるものではないが、一方で、「表現の自由」も無制限に許されるものであろうか、少し違和感がある。
 偶像崇拝が禁止され、預言者の絵を描くことも許されないというイスラムの教え。
私たちには理解が及ばない世界であるが、そうした教えを信じる人たちの気持ちにも配慮する必要があるのではなかろうか。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

佐賀知事選(2)

 報道より。 「正月三が日が終わった頃だったでしょうか、自宅にいたら、突然、電話が鳴ったんです。受話器を取ると、何の説明もなく、安倍首相の声で<新しい佐賀県のリーダーとして樋渡啓祐さんをご支援いただきますように>って録音テープが流れ、そのままプツン。一方的に電話をかけてきて、勝手にテープを流し、勝手に切れる。正月から、これほど失礼な電話はありませんよ」(佐賀県内の主婦)

 こんな電話が、何万件もかけられたとのこと。
 私たちは、何と愚かな総理大臣を持ったことか。  ここまで、知事選に介入するとは。  
 反対派の知事が誕生したので、沖縄と同じように冷たくするつもりだろうか。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

佐賀知事選(2)

 佐賀知事選で、官僚候補が当選。

 私たちが応援した島谷さんは、どうやら大差で敗れたようだ。
 政治を変えることができる人材であり、残念。佐賀県民にとっても損失であろう。
 背景にあるものを除いて裸で3人の候補者を並べれば、この人がいいに決まっている。そうした有権者の思いがどこかで遮断されている。
 こうした人が支援される自由な環境が必要である。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

沖縄への対応

沖縄県知事に対する国の対応について、東京新聞の取材を受けた。
 安倍さんはもちろん、官房長官や大臣にも面会を拒否され、さらに、振興予算までカットされるという。
 まるで、以前の岩国を見ているよう。
 何の理由もない、ただ、国のいうことを聞かないからと予算を削る。こんなことを許していたら、自治も民主主義も何もない。
 知事は県民の代表であり、その知事を冷遇することは、背景の県民を切り捨てるということ。
 選挙が終われば、政治はすべての国民を対象とすべき、当然のことである。
 感情的で大人気ない対応は、みっともない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

民主党の代表選(2)

 民主党の大きな問題点は、政策的に自民党に対峙するものを示すことができないということ。
 原発や集団的自衛権、基地問題を含む日米関係、そして消費税・・・
 どれをとっても、自民党とあまり変わらない。まったく考え方が同じというものもある。
 報道によると、普天間飛行場の名護市辺野古移設に関しては、3氏とも容認の立場を示しているとのこと。驚いた。民主主義というものをどう考えているのだろうか。
 これでは、野党の中心とはなり得ない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党代表選挙

民主党の代表選に、岡田、長妻、細野の3人が名乗りをあげた。
 今回は、国会議員より地方の党員やサポーターの方が多くの票を持つことになる。一部の人で決めるのではなく、党員全体の投票を行うことはいいことである。
 密室ではなく、政策議論を堂々と行って欲しい。
 今のところ、長妻さんの言うことが明快。
 「格差拡大が限界まで来ている。人への投資が民主党の目指す道だ」
 「集団的自衛権の行使容認に反対」
 他の2人は、曖昧な言い方。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

新しいスマフォ

 スマフォを買い換えた。 
 ソフトバンクのiPhone5から、ドコモのiPhone6に。
 一回り大きく、薄くなった。文字や画像は鮮明で見やすくなったが、片手で持ち電話するには、ギリギリの大きさである。
 早速、いろいろ操作し、各種設定を行った。
 4年前の井原すがこの県議選への初挑戦を前にして、写真や動画を撮影しYoutubeなどに投稿するためにスマフォに切り替えた。あれから4年、再び県議選が巡ってくる。
 新しいiPhone6を活用して、集会や街頭演説など井原すがこの活動の様子について積極的に情報発信したい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

年の初めに(3)

 「草の根」は、選挙にも主体的に取り組む。

 昨年10月の市議選に続いて、今年は4月に統一地方選。
 岩国・和木地域では、すでに井原すがこが県議選に向けて、立候補表明を行い後援会活動が始まっている。草の根ももちろん、積極的に支援する。
 その他に、県東部の県議選では、現在のところ、次の二人が活動を始めているようだ。    光市 西崎孝一(65歳)
  周防大島町 田中豊文(54歳)   ブログ  http://blog.livedoor.jp/t_toyofumi/
 いずれも無所属。 県民にとって新しい選択肢ができることはいいことであり、お金や力、しがらみなどではなく、政策論議が堂々と行われることを期待したい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

年の初めに(2)

 目指すべきは、今の政治の真逆。

 成長よりも、豊かさを分かち合う、格差の少ない社会、  市民一人ひとりが安心して生活することができる社会。
 もちろん、原発はいらないし、集団的自衛権も必要ない。
 増税の前に、やるべきことはいくらでもある。無駄を徹底的に省くべし。
 すべては、民主主義の基盤があってこそ実現できる。
 広く情報を公開し、大切なことはみんなで決める。
0102

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

年の初めに

 明けましておめでとうございます。

 時代に逆行する政治は、近いうちに必ず破綻する。
 政治的にも経済的にも、激動の年になるかもしれない。
 今こそ、私たち自身が、主権者として立ち上がるとき。
 市民政党「草の根」の活動の輪をさらに広げるとともに、 近く山口県に、市民が主体となる新しい政治の会を立ち上げる 準備を進めている。
 岩国から、そして山口県から、この国の政治を変える。
0101

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »