« 岩国市議会での一般質問 | トップページ | 選挙の公正 »

2014年12月 9日 (火)

失言

 「女が生まないから悪い・・・」
 麻生さんの失言が問題になっている。いや、「失言」ではなく、本音が出ただけの話。
 これについて、官房副長官が釈明の会見。
 安倍さんはもちろん、菅官房長官も、政府の中枢である首相官邸の主がいないのである。
 首相も大臣も重い責任を負っており、国民のことを考えれば仕事を優先すべきであり、選挙応援に行く暇などないはず。
 重岡議員の一般質問の時間を間違えていました。正しくは、次の通りです。
    12月10日(水)13:00〜

人気ブログランキングへ

|

« 岩国市議会での一般質問 | トップページ | 選挙の公正 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

衆院選が始まった。違憲状態の国会議員が声高に政策を語るのは如何なものか? 低投票率が予想されるが、選挙に行かないことは、仮に岩国市が軍用機による騒音都市になっても、また仮に消費税が50%になっても文句を言ってはいけない。喜んで受け入れなければならないということだ。どこやらで、軽減税率の話があるが、こんなややこしい政策など庶民の実態を知らない机上の思いつきとしか考えられない。「軽減税 手間と経費で 小売泣く」 である。 アベノミクスを吹聴しているが、結局ハゲタカに国富を奪われるだけだ。第二次大戦の末期、ドイツが一発逆転を狙って、最後の精鋭部隊を投じてバルジの戦いを仕掛けた。いわゆる「バルジ大作戦」であるが、結局補給も続かず、体制の崩壊を早めるだけであったが、日本もそうならないことを願うだけである。そうこうしているうちに、東日本大震災以上の地震や火山噴火がおこれば、おもてなし...などと言ってる余裕などないであろう。本当に今やるべきことをやらないと....である。

投稿: 普通の岩国市民 | 2014年12月10日 (水) 04時49分

現在日本では350種類以上もの食品添加物が認可されています。
遺伝子組み換え作物などアレルギーを起こす食品も外国から輸入せざるを得ない日本です。
ちなみにアメリカで認可されている食品添加物は120種類程度です。
この数字は、日本の許認可に関する異常さがわかるのではないかと思います。

食品添加物には、精子の数が減る、流産しやすくなるという、子供が生まれなくなる
物質も多く、代表例はスクラロースなどの人工甘味料です。

特定保健飲料などといいつつ、こういった人工甘味料を大量に国民に摂取させる日本
おかしいと思いませんか?

投稿: 匿名 | 2015年1月12日 (月) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/60785304

この記事へのトラックバック一覧です: 失言:

« 岩国市議会での一般質問 | トップページ | 選挙の公正 »