« 拉致問題 | トップページ | Facebook(フェイスブック) »

2014年11月 1日 (土)

日銀の追加金融緩和

 日銀が突然、追加の金融緩和を行うと発表、長期国債の引き受けを30兆円増やすなどにより、お金を大量に市場に供給するという。

 これに反応して、株価が大幅に上昇、円安もさらに進んだ。
 専門家ではないので断定的なことは言えないが、日銀が際限なく国債を買い入れるというのは、どう考えても異常、やりすぎ。
 日銀総裁自ら明言するようにすでに異次元の金融緩和の状態にあり、これ以上資金を供給しても、実体経済が動かなければ何の効果もない。
 賃金は上がらず、年金も下がる。一方で、税金や物価はどんどん上がる。これでは、中小企業や国民の犠牲のもとに、一部の大企業や資産家が儲けるだけ。
 これが、消費税増税のための条件整備だとすれば、とんでもないこと。
 アベノミクスは、すでに破綻している。経済を恣意的に動かそうとするのは、あまりにも傲慢。必ず、しっぺ返しを受ける。
柿の葉の見事な紅葉
1101

人気ブログランキングへ

|

« 拉致問題 | トップページ | Facebook(フェイスブック) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/60580853

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀の追加金融緩和:

« 拉致問題 | トップページ | Facebook(フェイスブック) »