« 草の根会報第13号 | トップページ | 消えゆく自然 »

2014年11月29日 (土)

自民党のテレビ局への要望

 自民党が各テレビ局に対し、選挙報道の方法について細かな注文をつける要望書を出したとのこと。

 余計なお世話である。
 彼らのいうことを余計な脚色をつけずそのまま報道しろということかもしれないが、そもそも政治家の言にはごまかしが多く、それでは、国民は真実を知ることができない。  マスコミは、政治家の嘘を暴き真実に迫る努力をすべきであり、特に、権力を握る政府に対しては常に批判的であるべき。
 「いつも批判者でありたい・・・」  評論家森田実さんの言葉を思い出す。

人気ブログランキングへ

|

« 草の根会報第13号 | トップページ | 消えゆく自然 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんなものをよくも抜け抜けと出したもんですねえ。
自民党は政権政党としては勿論、民主主義国家の政党としての資格はないです。
言論の封殺だと政治評論家の森田実氏が夕刊でこう言っています。
「自民党がこんな要望書を出したのは初めてでしょう。萩生田氏は党副幹事長のほかに総裁特別補佐を務める政権の中心メンバー。その幹部が自民党には『自由』も『民主主義』も存在しないことを宣言した。実に恥ずべき行為です。国民から言論の自由を奪うのは明らかに憲法違反。彼は今度の選挙で立候補する資格はありません。おそらく萩生田氏が安倍首相にゴマをするために行ったのでしょうが、もし首相も了承しているなら、日本は世界から相手にされなくなります」

投稿: 五橋 | 2014年11月30日 (日) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/60728931

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党のテレビ局への要望 :

« 草の根会報第13号 | トップページ | 消えゆく自然 »