« 解散の大義 | トップページ | 第3回草莽塾・光の開催 »

2014年11月16日 (日)

自民党岐阜県連の決議

 自民党岐阜県連、解散に反対決議。その趣旨は、次の通り。

「年内の解散総選挙は、国民生活に与える影響を考えると、どう考えても異常である。現在は景気回復に向けて全てを傾注しなければならない時であり、政治的空白を作るべきではなく、解散する大義は無い。
 消費税を解散の大義名分とするのは後付けで、民意軽視、国民のことを一切考えない党利党略である。
 年内の、統一地方選挙前の衆議院解散総選挙には断固反対する。」  
すべて、その通りである。

人気ブログランキングへ

|

« 解散の大義 | トップページ | 第3回草莽塾・光の開催 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ほんと すごくまともですね‥

いつの時代も国会は足の引っ張り合いが 一生懸命で 国民の為の国会など忘れてしまっているようですね。

投稿: 津久井 | 2014年11月19日 (水) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/60659481

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党岐阜県連の決議:

« 解散の大義 | トップページ | 第3回草莽塾・光の開催 »