« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

外務省に対する情報公開請求

 外務省に対する情報公開請求に対するその後の経過について報告する。
   開示請求日 2014年2月24日
    対象文書 安倍首相の靖国参拝に関する米国向け「想定問答集」
   外務大臣の不開示決定「文書の不存在」 同年4月25日
   外務大臣に対する異議申立て 同年5月1日
 これを受けて、外務大臣から、7月28日付で情報公開審査会への諮問が行われていたが、11月12日、同審査会から答申が行われた。
 その主な内容は、次の通り。
 ・結論 外務大臣の不開示決定は、妥当である。
 ・理由 審査会事務局職員が外務省に確認したところ、対象文書を作成も取得も
    していないとのことであった。
 もっともらしく書いてあるが、要するに、「外務省がないというからない」と言っているだけで、実質的な審査も確認も何もしていないようだ。わざわざ内閣府に置かれている情報公開審査会が形式的なものに過ぎないことがよくわかる。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えゆく自然

11222  画家島崎陽子さんが描いた「猿飛の石庭」である。
 私の故郷、岩国市錦町の錦川と木谷川が合流するところにある美しい場所であるが、まもなく湖底に消える。
 すでに、平瀬ダムの建設工事が始まっている。
 利水、治水・・・、なんとでも言えるが、要は、建設そのものが目的である。
 未来の人たちの財産を私たちが破壊していいのだろうか。
 せめて、絵だけでも草の根の事務所に掲げておく。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

自民党のテレビ局への要望

 自民党が各テレビ局に対し、選挙報道の方法について細かな注文をつける要望書を出したとのこと。

 余計なお世話である。
 彼らのいうことを余計な脚色をつけずそのまま報道しろということかもしれないが、そもそも政治家の言にはごまかしが多く、それでは、国民は真実を知ることができない。  マスコミは、政治家の嘘を暴き真実に迫る努力をすべきであり、特に、権力を握る政府に対しては常に批判的であるべき。
 「いつも批判者でありたい・・・」  評論家森田実さんの言葉を思い出す。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

草の根会報第13号

 市民政党「草の根」では、毎年2回、春と秋に会報を発行している。

 市議選もあり遅れてしまったが、先日第13号が出来上がり、現在会員のみなさんに配布中。
 今回は、もちろん市議選の特集が中心。2人の草の根市議の抱負や選挙カーに乗ったスタッフの奮戦記も掲載されています。ぜひご覧下さい。
 なお、草の根のホームページにも掲載されています。
    http://kusanone-iwakuni.net 
 井原すがこの記者会見の様子もYou-tubeに搭載されていますので、ご覧ください。      http://youtu.be/p3pnkTasI6w
1126

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

井原すがこの決意表明

 記者会見において、4月の県議選に向けた、井原すがこの決意表明が行われた。
 市民・町民のみなさんの目線で、女性や高齢者にやさしい県政を目指す賭した上で、次の4点について、考え方を明らかにした。
 ・政務活動費の受け取りを辞退する。
 ・実体験を踏まえた農業・介護・子育て支援を行う。
 ・上関原発や原発の再稼動に反対する。
 ・国のいいなりに基地を拡大しては、県民の安全安心は守れない。
 ここから活動が始まる。
1125

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

選挙前のドタバタ

 みんなの党がなくなった。

 一部分裂、維新の会との合流後も路線対立が続いていたが、選挙を前にしてついに破綻。最後は、怒号が飛び交う中で解党が決定された。  選挙で応援してくれた有権者を置き去りにしたままで、無責任極まりない。
 わがままな渡辺さんのもとで初めから長続きはしないと思っていたが、こんな無様な姿を見せられたら、政党に対する不信はますます募る。
 みんなの党や小沢さんの生活の党を離れて民主党から立候補する人が続いている。保身以外のなにものでもない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

紅葉

  秋も深まり、紅葉がいい。

 色彩豊かな街路樹や公園の木々、思い思いに色づく山々・・・
 都会では味わえない贅沢がある。
 岩国では、吉香公園の紅葉谷が特にいい。
 (片山清勝さん撮影)
1123

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

井原すがこの決意表明ー県議選に向けてー

市民政党「草の根」の臨時運営会議が開催された。主な内容は、次の通り。
  ① 市議選のまとめ
  ② 県議選に向けて
 市議選の経過報告が行われた後、2人の議員がそれぞれの抱負を熱く語った。
 目指すべきは、政治にきちんと向き合い、自ら政治家を作り、政治を変えること。私たちと一緒に活動する政治家ができたわけであり、草の根の活動はさらにその幅を広げることになる。
 続いて、県議選に向けて、井原すがこの決意表明が行われ、満場の賛同を得た。
 25日には記者会見も予定されており、4月に向けて、後援会活動など忙しくなる。
11221

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

解散

 衆議院が解散された。
 消費税の増税延期やアベノミクスに対して国民の信を問う・・・
 安倍さんの話を何度聞いても、解散する必要性は何もない。 
 本当の狙いは政権の延命であることは明らかであり、多くの人が知っている。
 そんなことで多額の経費をかけ、1ヶ月近くも政治空白を作るなど無責任極まりない。
 こんな身勝手で独りよがりのトップを戴いていては、この国は危うい。
11164

p>人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

県議会の会期延長

 山口県議会は、26日に開会した後、衆議院選挙応援のため3週間近くお休みになるという。
 県会議員の務めは何だろう。
 言うまでもなく、議案を審議し自治体の意思決定を行うことである。
 他の選挙の応援は、私的な活動に過ぎない。
 公私を混同すべきでない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

安倍さんの記者会見

 首相官邸のホームページから、安部さんの記者会見の結論部分を抜粋してみる。
「国民生活にとって、そして、国民経済にとって重い重い決断をする以上、速やかに国民に信を問うべきである。そう決心いたしました。今週21日に衆議院を解散いたします。消費税の引き上げを18カ月延期すべきであるということ、そして平成29年4月には確実に10%へ消費税を引き上げるということについて、そして、私たちが進めてきた経済政策、成長戦略をさらに前に進めていくべきかどうかについて、国民の皆様の判断を仰ぎたいと思います。」
 こんな経済状態で増税延期は当然の判断であり、多くの国民も異論はないはず。アベノミクスも自信があるなら、もう少し進めればいい。
 与野党の国会議員はもちろん、ほとんどの国民が賛成しない、いわば、安部さんんの「追い込まれ」解散。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

沖縄知事選

 沖縄知事選で、翁長さんが勝った。  辺野古移設に反対する沖縄の民意が明確になった。  それに対する官房長官のコメント。 「辺野古移設を粛々と進めたい・・・」  沖縄の切実な民意を無視する一方で、安部さん曰く。 「民意を聞くために解散する・・・」  この人たちの言うことは、支離滅裂である。  新しい知事に対して、総理はもちろん大臣も面会を拒否するなど、露骨ないじめが行われるであろうが、県民とともに粘り強く闘って欲しい。

11161

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

第3回草莽塾・光の開催

  7月から、光市で月1回程度、私が主宰する政治の学び舎、「草莽塾」を開催しています。
  選挙などがあり少し間隔があきましたが、第3回の草莽塾・光を、次の通り開催します。
      日時   11月20日(木)19:00〜21:00
      場所   光市地域づくり支援センター
      テーマ   財政
 どなたでも、お気軽にご参加下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自民党岐阜県連の決議

 自民党岐阜県連、解散に反対決議。その趣旨は、次の通り。

「年内の解散総選挙は、国民生活に与える影響を考えると、どう考えても異常である。現在は景気回復に向けて全てを傾注しなければならない時であり、政治的空白を作るべきではなく、解散する大義は無い。
 消費税を解散の大義名分とするのは後付けで、民意軽視、国民のことを一切考えない党利党略である。
 年内の、統一地方選挙前の衆議院解散総選挙には断固反対する。」  
すべて、その通りである。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

解散の大義

 解散、選挙となれば、国会だけでなく政府の機能も一時的に停止状態になる。いわゆる政治空白である。約700億円という経費もかかる。

 それ相当の理由が必要なことは言うまでもない。
 自民党の議員の中にも、大義名分がないと嘆いている人もいるとのこと。
 大義は後から探すものではない。
 「念のため解散」(高村副総裁の発言)などと言っているようでは、身勝手な解散であることを暴露しているようなもの。
 案外、安部さんは痛い目にあうかもしれない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

子供のおもちゃ?

 あっという間に解散一色である。
 今やるべきことではなく、安倍さんの自己都合解散である。
 国会議員たちは一斉に走り出しているが、突然選挙だと言われても私たちには実感はなく、短期間に誰を、何を選べというのか。
 憲政の常道を知らない安部さん、与えられたおもちゃと戯れる子供のように、解散権を振り回されたら国民はたまらない。
 憲法の規定を素直に解釈し、解散権を制限すべきである。
11083

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総理大臣の専権事項

 解散は総理大臣の専権事項だと繰り返し言われると、みんなそう信じてしまう。  本当にそうだろうか。

 根拠とされる憲法の規定は、天皇の国事行為の補佐と内閣府不信任案が可決された場合の2箇所であるが、いずれもその権限は内閣が行使するとされており、どこにも、総理大臣の専権事項とは書かれていない。
 首相が中心となって閣内や与党ともよく相談して決めるべきもの。
 もちろん、国政を停滞させても実施すべき大義名分が必要なことはいうまでもない。   党利党略で安部さんが勝手に決めることができるという意味での専権事項では決してない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

衆議院解散?

驚いた。急に「解散」という言葉がマスコミに踊り始め、与野党とも、選挙準備に入るという。
 はっきり言って、大義名分がまったくない。
 やるべきことは他にたくさんあり、時間と経費をかけて選挙をする暇などないはず。
 今選挙をやれば有利だから・・・
 こんな理由だとすれば、あまりにも身勝手。
 総理大臣といえども、みだりに解散する権限はないと知るべき

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

日中の首脳会談

 どうにでも解釈できる玉虫色の合意文書が作成され、ようやく日中の首脳会談が行われるようだ。

 経済的にも安全保障の観点からも日中関係の重要性は言うまでもなく、とにもかくにも、首脳同士が会って話をすることはいいことである。
 しかし、歴史に正面から向き合う覚悟がなければ、本当の信頼関係を築くことはできない。
   残念ながら、安部さんにはその気はなさそうであるから、今回の会談も、単なるアリバイ作りに終わる可能性大である。
11081

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

川内原発の再稼動

 東京新聞の記事(11月7日) より(抜粋)。

議場内外で怒号「メリットあるか」「命が大事」
 川内原発の再稼働を求める陳情を採択した鹿児島県議会本会議は、採択と伊藤知事の閉会あいさつの間、「NO」のプラカードを掲げた傍聴者百数十人から「再稼働反対」のシュプレヒコールが続いた。県庁周辺にも反対住民らが集まり「脱原発」を訴えた。知事らの発言がまったく聞こえないほど、激しい抗議だった。
 傍聴に駆けつけた同県霧島市の看護師、盛園尚利さん(39)は「人の生命にかかわる大事なことが、早く進みすぎる。何が進んでいるのかが認識されないうちに、手続きが進む。国や県が好き勝手やっている」と憤った。
1108

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高遠菜穂子さん講演会

 「ファルージャ」上映会と高遠菜穂子さんの講演会があります。

  日時   明日8日(土) 13:30〜
  場所   岩国市中央公民館 
  演題   対テロ戦争とは何かー泥沼のイラクから学ぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

川内原発の再稼動

 川内原発の再稼動に向けて、動きが急である。

 鹿児島の知人とのやりとりの概要を紹介する。
(知人)伊藤知事をはじめ、鹿児島市民、県民を完全に無視した、強引かつ身勝手な川内原発再稼働の可決でした。 もう、諦めるしかないのでしょうか。
(井原)現在の政治状況では、止めることはできないかもしれませんが、あきらめる必要はありません。おの背景にある政治を変えるために戦うべきです。
(知人)そうですね。まだ、あきらめてはならないですね。仲間が、知事と県会議員のリコール請求を進める方向で検討中とのことです。あきらめず、一緒に闘います。
1107

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

川内原発の再稼動

 川内原発の再稼動について、地元市長が受け入れを表明。鹿児島県知事も追随する意向とのこと。

 この人たちは、市民の安全に対する責任をどのように考えているのだろうか。  安易に国のいいなりになるような人たちに任せてはおけない。
 立地自治体の議会と首長の意向だけを判断基準とする従来のやり方をやめて、周辺自治体も含めて、住民の意見をきちんと聞く仕組みを早急に作るべきである。
 わざわざ現地に出向いて、「川内」を「かわうち」と読み間違えた宮沢経済産業大臣、何と形容していいのか、これだけ大問題になっているのに、軽率、無理解としか言いようがない。
11053

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

すぐカッとなる安部さん

 首相は、鳴り止まないやじに怒りをあらわにし、「静粛にしてください。議論はちゃんとやりましょうよ。少しは黙っていられないのか」

 民主党の枝野幹事長が特定の団体から献金を受けていたことについて、 「殺人を行っている団体が影響力を行使しているのは由々しき問題ではないか」  
  社民党の吉田党首は、2007年の週刊誌が報じた首相の「3億円脱税疑惑」を取り上げたことに対して、首相は「重大な名誉毀損だ。週刊誌の記事だけで私をひぼう中傷して恥ずかしくないのか」と色をなして反論。
 ・・・
   最近の安倍さんの国会答弁である(報道より)。すぐカッとなり、我を忘れる。リーダーとしての資質に問題あり?
11052

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

年金積立金の株運用

 年金積立金130兆円の株運用を大幅に増やし50%程度にするという。
 陰りを見せるアベノミクスを支えるための株価操作であることは見え見えである。
 しかし、実体経済が伴わなければ、株はいずれ下がる。意図的な操作をすればするほど、その反動も大きくなり、積立金は食いつぶされることになる。
 国民の大切な資産を勝手に危険にさらすなど、許されることではない。
 日銀による金融緩和も含めて、安倍さんのやることは、すでに常軌を逸しており、いつ破綻しておかしくない。
 さすがにここまで来ると、私も、わずかな蓄えといえども、その防衛策を真剣に考えなくてはと思うこの頃。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

Facebook(フェイスブック)

 Facebook(フェイスブック)は、インターネットを通じていろいろな方と気軽に友達になり、情報発信したり、メッセージを交換したりすることができる便利な手段であり、私も、よく利用している。

 安部首相のそれを覗いてみたら、イベントや会議への出席、世界の要人との会談の模様などが掲載されており、大勢の人が閲覧している。
 こうした場を通じて、安部さんの本音に直接触れ、政治に対する国民の理解が進むとすれば、大変結構なことである。
 しかし、時に、野党の議員や特定の団体などに対する批判記事が掲載されることがある。これは、いただけない。
 国のリーダーとしてあまりにも品がなく、厳に慎むべきである。
11012

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

日銀の追加金融緩和

 日銀が突然、追加の金融緩和を行うと発表、長期国債の引き受けを30兆円増やすなどにより、お金を大量に市場に供給するという。

 これに反応して、株価が大幅に上昇、円安もさらに進んだ。
 専門家ではないので断定的なことは言えないが、日銀が際限なく国債を買い入れるというのは、どう考えても異常、やりすぎ。
 日銀総裁自ら明言するようにすでに異次元の金融緩和の状態にあり、これ以上資金を供給しても、実体経済が動かなければ何の効果もない。
 賃金は上がらず、年金も下がる。一方で、税金や物価はどんどん上がる。これでは、中小企業や国民の犠牲のもとに、一部の大企業や資産家が儲けるだけ。
 これが、消費税増税のための条件整備だとすれば、とんでもないこと。
 アベノミクスは、すでに破綻している。経済を恣意的に動かそうとするのは、あまりにも傲慢。必ず、しっぺ返しを受ける。
柿の葉の見事な紅葉
1101

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »