« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月30日 (木)

拉致問題

 北朝鮮から帰国した外務省局長の報告を受けて、安倍さんが記者会見。
 いろいろ言葉で取り繕っていたが、結局、具体的成果なし。
 取引材料にされている限り、この問題の本当の解決にはつながらない。
 誤解を恐れず言えば、核問題も含めて圧力により解決するというこれまでの方法は間違っているのではなかろうか。
 体制に問題があるとしても、一つの主権国家として国際社会に受け入れていく、いわゆる太陽政策により、彼らに安心感が生まれる。
 先方がその気になれば、自然に拉致問題の解決につながるはず。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川内原発再稼働に地元市長と市議会同意

 川内原発の再稼働に、地元市長と市議会が同意。
 再稼働を求める陳情書が29対4で、採択された。
 陳情に対する採決で、賛否を決めるというのはいかがなものかと思う。
それにしても、圧倒的多数である。
 立地自治体とそれ以外の市民の感覚がこれほど違うとは驚き。
 やはり、そこには、原発マネーの影響が大きいと思われる。
 原発は、すでに立地自治体だけの問題でないことは明らか。
 より広範囲の住民の意見をきちんと聞く仕組みを早急に作るべき。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

草の根幹事会の開催

 市民政党「草の根」では、毎月1回、幹事会を開催し、その時々の課題について協議を行っている。
 今回は、2人の新しい市議を迎えて、市議選のまとめと反省、今後の活動方針などについて話し合った。
 草の根の理念と政策を実現するために自ら政治家を創るという方針のもと、昨年9月の候補者公募、12月の書類審査・面接、2月の運営会議における候補者決定、その後半年間にわたる支援活動の実施などを経て、ようやく所期の目的を達成することができた。
 県議、市議と協力することにより、地域の課題に効果的に対応し、草の根の輪をさらに広げていきたい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

岩国市議選の結果

 市民政党「草の根」の2人の候補が、見事当選を果たした。
  重岡邦昭(由宇町)
  広中ひであき(美和町)
 祈るような思いで結果を待つ、選挙を戦う責任の重さと辛さを実感。
 改めて、みなさんのご支援に感謝したい。
 市民自ら政治家を作るという目的は、一応達成した。
 草の根の候補だからと信頼していただいた方も多く、理念と政策を基準に自由な意思で選択するという新しい意識の芽生えも。
 とにもかくにも、これが第一歩・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

明日は市議選投票日

 選挙運動もあっという間に終わり、明日はいよいよ岩国市議選の投票日。
 選挙は、私たちが政治に直接関わる唯一の機会であり、その選択により、地域の未来、私たちの生活が決まる。
 候補者のためではなく、私たち自身のために、誰にも制約されず、自由に投票して欲しい。
 市民のみなさんの良識を信じて、待ちたい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

岩国市議選・終盤

 選挙も終盤に差し掛かり40人の候補者の訴えも次第に熱を帯びてきているが、
一般的には、政策などに関する情報が少なく、誰を選んでいいのかわからないという人も多いようだ。
 多くの候補者が「無所属」を名乗り、背景にある政党との関係が隠されている。
 集会や街頭演説もあまり行われない。
 先日の選挙公報でも、ただ、「岩国のために働きます」「暮らしやすいまちをつくります」・・・など、ほとんど中身のないものもある。
 市民政党「草の根」が応援する2人の候補者、美和町の広中ひであきさんと由宇町の重岡邦昭さんは、その理念と政策を街頭演説などで積極的に訴えている。
 もちろん、彼らの考え方は明確である。国の言いなりではなく地域が主体になり、一部の人たちの利益はなく、市民の安心・安全な生活を大切にし、ごまかすのではなく情報を公開し、あくまで民意を大切にする。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

政治資金の使い方

 またまた、宮沢新大臣の政治資金の使い道が問題になっている。

 私たち市民政党「草の根」も政治資金規正法の適用を受け、収支報告書を提出している。毎年の政治資金は少額であるが、すべて、貴重な会費と寄付で賄われており、飲み食いの接待や有権者への贈り物に使ったり、いかがわしいバーに行くなど、事務所のスタッフの誰一人として考えられないこと。
 大政党や国会議員には、政党交付金や文書通信交通費などの形で多額の税金がつぎ込まれ、好き勝手に使われている。
 こうした制度のあり方を抜本的に見直すべきである。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

インターネットを使った選挙運動

 このブログでも、毎日のように、候補者の選挙運動の様子をお伝えしているが、
ようやく、ブログやホームページ、ツイッターなどを自由に使うことができるようなった。
 こうした新しい手段を通じて、より多くの有権者、特に若者に関心を持ってもらう機会が増えれば幸いである。
 ただ、メールについては、候補者以外は禁止されるという制限が残されている。
 メールは、形として残る文書と同じ扱いのようだが、一方で、電話での選挙運動は自由に行われている。
 日常生活では、電話の替わりにメールが一般的に使われるようになっており、そのメールだけを禁止するというのは、不自然である。
草の根の候補者重岡さんと広中さんの街頭演説
10212_2 10211_3

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

街頭宣伝

  40人の候補者の街頭宣伝車が、市内を1日中走り回っている。
 相当賑やかになっているが、ほとんどが名前の連呼で中身があまりない。
 形式的で一種のお祭りのようになっているが、他の人もやるのでやめられない、というのが実情のようだ。
 公開討論会やアンケート調査など、各候補者の理念や政策を知り、比較することができるような新しい仕組みを考えるべきである。
 そうは言っても、現実には厳しい戦いが続いており、今日も、私は草の根が応援する2人の候補者(重岡邦昭、広中ひであき)の応援に出かけたが、マイクを握ると自然と力が入る。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

女性閣僚の辞任

 女性大臣が相次いで辞任。

 「うちわ」はともかくとして、小渕さんの観劇問題は、単なる収支報告書の記載漏れに留まらず、有権者に対する利益供与の疑いが濃厚であり、小細工で逃れようとするのではなく、潔く議員辞職して出直すべきであろう。
 何も知らなかったという同情的な見方もあるが、逆に言えば、票集めから事務処理まですべて任せきりであり、本人は神輿に乗っているに過ぎなかったということ。
  政治家という職業を世襲する。安倍さんも含めて彼らにとって、政治は家業でしかない。そこに、今回の問題の本質がある。
 自ら市民に向き合う本物の政治家を作る必要がある。
 私たち「草の根」が応援する美和町の広中ひであきさんの街頭演説
1020

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

岩国市議選が始まる

 岩国市議選告示、40人が立候補し選挙戦が始まる。

 市民政党「草の根」は、美和町の「広中ひであき」さんと由宇町の「重岡邦昭」さんを応援している。
 県議の井原すがこは広中ひであきさんの出発式に、私は重岡さんの出陣式に出かけ、一緒に街頭演説も行った。
 お二人とも、私たち草の根と活動を共にしてきた人たちであり、まさに同志とも言える存在である。
  常に市民のために働くその姿勢は変わらず、自信を持って推薦できる。
 1週間、思う存分戦い抜き、目的を達成して欲しい。
 重岡さんの街頭演説
1019

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

政治とカネ

 

10113 次々に新しい事実が発覚し、小渕大臣が窮地に。

 数千万円の利益供与が行われていたとすれば、大臣辞任に留まらず、公選法違反で刑事事件になる可能性もある。
 しかし、彼女の問題は氷山の一角である。多くの政治家が程度の差はあれ似たような活動をしているのである。
 私の身近でも、支援者を集めた旅行などが普通に行われている。もちろん、後援会が多くの経費を負担する。
 与野党を問わず、既存の政治が持つこうした古い体質を変える必要がある。
 明日から、岩国市議選が始まる。市政に新しい風を送り込みたい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

追求される女性大臣

 女性大臣が次々にやり玉に挙がっている。
 うちわの大量配布や観劇への招待などは、利益供与に当たり公選法違反になる。
 その他、政治資金の不適切な使用も問題になっており、責任が問われることになるのは必定。
 一方で、国会でのやり取りを見ていると、どうしても違和感を感じる。
 一つには、そんなつまらない議論をするより、もっとやるべきことがあるはず。
 二つには、こんな事例は全国どこにもあり、追求する方も追求される人も、同じ穴のムジナのように見えてしまう。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

岩国市議選近づく

 まもなく、岩国市議選が始まる。
 19日(日)に告示され、市民「草の根」が応援する2人の候補予定者の出陣式が、次の日程で行われる予定です。
  日時 19日(日)10:00〜(2人とも同じ時間)
  場所 重岡邦昭 自宅前(由宇町港2−6−14)
     広中ひであき 広中輪業(美和町生見665−3)
 お時間のある方は、ぜひ、お立ち寄り下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

ガイドラインの見直し

 日米防衛協力の指針(ガイドライン)の見直しの中間報告が示された。
 その中で、「地域の及びグローバルな平和と安全のために、日米両政府は協力の範囲を拡大する」とされた。1010
 7月1日の集団的自衛権の行使を容認する閣議決定においても、「我が国の安全の確保や国際社会の平和と安定のために活動する他国軍隊に対して、必要な支援活動を実施できる」とし、その中で、いわゆる「後方地域」や「非戦闘地域」という制約を取り払い、「現に戦闘行為を行っている現場]では支援活動はしない、言い換えれば、それ以外のところであればどこでも活動できるとされた。
 さらに、支援の中身に対する制約も取り除かれ、武器弾薬などの補給も可能とされている。
 つまり、自衛隊は、世界中どこにでも地球の裏側にも出かけていことができ、直接武器弾薬などの支援を行うことができるようになるのである。「ここは戦場ではない、戦闘行為への参加ではない」などと勝手な条件をつけても自己満足でしかなく、相手国から見れば、武力行使を行う敵国と見なされても仕方のないこと。
 集団的自衛権ほど注目されていないが、「後方支援」の拡大は、日本の平和主義のあり方を大きく変える重大な問題である。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

議会改革

10114   全国800あまりの市議会などを対象に行われた議会改革度調査によると、全国の先進的な議会では、議会基本条例が制定され、毎年定期的に議会報告会が開催され、市民との意見交換会も行われており、その結果を踏まえて条例の議員提案も行われつつある。本会議での一般質問においてテーマごとに質問と答弁を繰り返すいわゆる「一問一答方式」の導入もかなり進んでいる。さらに、最近問題になっている政務活動費の使途をインターネットで公開する議会も増えている。

 市民からは遠い存在になっている議会をより身近なものにしようとする試みである。  その議会改革という点で、岩国市議会は、残念ながら何と全国で713番目であるという。中国地方でも下から3番目と、寂しい結果に。
 山口県議会もこうした点においては似たようなものである。  多数派が首長となれ合い関係にある議会は、緊張感がなく、チェック機関として機能せず。裏で税金の無駄遣いが行われ、結局市民には大きな不利益となる 
 勇気を持って改革に取り組む新しい力を議会に送り込む必要がある。その意味でも、選挙は大切な機会になる。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

岩国市議選候補予定者の街頭演説

 岩国市議選の候補予定者2人の街頭演説を行った。市民政党草の根が応援する由宇町の重岡邦昭さんと美和町の広中ひであきさんである。その様子がyoutubeに掲載されていますのでご覧ください。  

 この文章はマックの音声入力機能を使って書いたものです。初めて使ってみましたが、その早さと正確さに驚きました。  もう少し改良すれば、文章入力の方法を一変するかもしれない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

議会の役割

 議会は意思決定機関であり、執行機関ではない。

 また、議決により初めて議会の意思が確定する。
 こうした議会のあり方、役割を超えて、議長や議員個人が勝手に行動すれば、混乱を生じるだけで何の益もない。
 先日、岩国市や周辺の一部の議長や議員たちが、官房長官に会い、沖縄の負担を全国で分かち合うための協議会の設置を要望したとのこと。
 これなどは、前述の議会の役割を超えた勝手な行動である。
 議決がなければ、議会の意思とは言えず、もちろん、市民の思いとはかけ離れたものである。
 「お金が欲しい」という魂胆が見え見えであり、恥ずかしい限り。
 10月26日の岩国市議選、議会を変える絶好の機会である。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

街頭演説

 1011 市民政党「草の根」の街頭演説を行った。
 場所は、南ショッピングセンターと岩国駅前。
 26日の市議選を目指して活動している重岡邦昭さんと広中さんにも参加していただいた。
 夕方の買物で賑わうなかで、重岡さんは堂々と、広中さんは新鮮で誠実な姿勢がにじみ、それぞれの持ち味の出た話し振りであった。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

ノーベル平和賞

 憲法9条にノーベル平和賞をというユニークな挑戦が終わった。

 安倍さんのあせる顔を見ることができなかったのは残念であるが、有力候補になり一定の評価を受けたことは良かった。
 来年は対象外にならないよう、政治の暴走にブレーキをかけねば。
 岩国市議選の告示も1週間後に迫り、草の根が応援する重岡邦昭さんと広中ひであきさんもその準備に忙しい。
 明日11日14時から、南岩国のいづみ前で、2人の街頭演説が行われる。
 私も応援に行きますので、お時間のある方は、ぜひお越し下さい。  

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

歩いていると

 挨拶回りやチラシ配りでまちを歩いていると、市民のみなさんの暮らしに触れ、様々な意見や思いを直接聞くことができる。
 車も入れない小路が随所に。反対があるからと区画整理などができず。
 錦帯橋周辺の伝統的まちの保存や駅前の再開発なども、やはり反対があるからと進まず。
 政治に、将来を見通した明確な理念とそれを実現するための強い意思、そして誠実さがあれば、市民は必ず動く。
 国の言いなりで、保身ばかり考える政治、基地と引き換えにお金をもらっても、市民の生活は少しも良くならない。不信が高まっている。
 近づく市議選、市民の力で議会を変える機会である。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

国会の議論から

 予算委員会の議論を聞いていると、安倍さんの本音が垣間見える。

 石油が止まり経済に悪影響があれば、日本の安全が脅かされる明白な危険がある場合に該当し、自衛隊がペルシア湾に出かけて機雷掃海ができるとする。
 従来は、日本が直接攻撃されたような場合に限り自衛権の行使としての武力行使ができるとされていたが、それを経済的理由にまで広げるものである。
 つまり、解釈により憲法の考え方を大きく変えることになり、明らかな憲法違反である。
 日米同盟強化のために日本も血を流さなければ・・・  安倍さんの本音を言葉でごまかそうとしている。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピエロのような

「普天間飛行場が垂直離着陸輸送機MV22オスプレイや空中給油機の運用機能、緊急時に外部から多数の航空機を受け入れる機能を有している」
「辺野古に移る機能はオスプレイなどの運用機能のみだ。他の二つの機能は本土に移転される」
「辺野古で埋め立てる面積は普天間と比べて3分の1以下」
「沖縄県民の気持ちに寄り添いながら、目に見える形で負担軽減に取り組む」
 安倍さんの国会での答弁である。
 新しい基地ができ固定化されることが問題なのに、そのことに何も触れず、官僚が考えたようなへ理屈ばかり。
 アメリカの言いなりという実態を隠すための言葉のごまかし。
 軽薄というか、ピエロのように見える。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

政務活動費の不正使用

 徳島県の県会議員が政務活動費の領収書を偽造していたことが発覚、辞職するという。
 全国各地で不正使用の実態が次々に明らかになっているが、ここまで来ると、もはや個別の事例の善し悪しではなく、政務活動費そのものの必要性、支給額や支給方法、チェック方法なども含めて、一から、考えてみる必要がある。
 その際、いまだに領収もいらないし、事後の清算もないという国会議員に毎月支給される文書通信交通費100万円にもメスを入れるべき。
 いずれも、議会に任せておくのではなく、外部の第三者機関で、今後のあり方を検討すべき。
 「議会のガイドラインに沿っているかどうかを確認しており、議員のうそを疑いながら見ているわけではない」
 議会事務局の言であるが、議員のいわば身内に任せることが間違いのもと。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

パソコンへの侵入

1004 草の根事務所のパソコンに、突然左のような画像が現れた。  インターネットにも接続せず、何も作業していない状態で、外部から侵入されたようだ。  中国語で書かれており、iphone6を闇で販売しているのであろう。  画像をクリックしても、キーを叩いても一向に消えない。  こんなことが可能なら、予期せぬ広告などが次々に画面を占拠し、パソコンを自由に使えなくなる恐れもある。  パソコンを通じて世界中とつながり、常に危険と隣り合わせにあることを痛感させられた。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

草の根ニュース

 草の根ニュース第9号を発行し、各地区の世話人の皆さんにお願いして配布中。
 「民主主義の危機」と題する私の挨拶と草莽塾・光の開催状況を掲載し、さらに、今月26日に行われる岩国市議選に向けて、草の根が応援するお二人(重岡邦昭さんと広中ひであきさん)の最近の活動状況についてご紹介している。
 詳細は、別添をご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

民主主義とは

 代表質問で、「普天間基地の辺野古移設を強行するのは、民主主義を無視するものである」と指摘され、安倍さんは次のように答える。 「普天間移設の危険性除去が県民の願いであり、民主主義を無視するとの指摘は当たらない」  普天間基地の撤去と国外への移設が沖縄県民の意思であり、それを尊重するのが民主主義であることは誰でも知っている。  その当たり前のことを理解しようとしない彼の傲慢さ、それを国民の目の前で公言して憚らない、恥という感覚を持ち合わせない、怖さがある。

1001

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »