« 新しい政治グループについて | トップページ | スコットランドの住民投票 »

2014年9月17日 (水)

地方創生の実態

 安倍さんは、石破さんを担当大臣に据え、「地方創生」を盛んに宣伝している。
 歴代の政権が取り組んできた結果が今日の状況であり、いまさらという感がする。
 来年度予算の概算要求で設けられた特別枠1兆円には、すでに各省庁が群がり予算の分捕り合戦を行っている。
 役人が考えた机上の空論、似たような事業も多い。
 中には、新幹線の整備に720億円、高速道路の整備に5,000億円余など、従来型の公共事業のばらまきに過ぎないものも多く含まれているから驚く。
 結局、各省庁の予算が増え、中央のコントロールが強くなるだけ。
 そんな財源があったら、権限とともに思い切って地方に移すこと。地方の創意工夫と努力が活かされる仕組みを作ること。これが、地方を元気にする唯一の道である。
 

人気ブログランキングへ

|

« 新しい政治グループについて | トップページ | スコットランドの住民投票 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そう言えばふるさと創生一億円ってのがありましたよね。
岩国市はあのお金を何に使ったのでしょうか。
誰に聞いてもあーそう言えばそんなバラマキがあったねと
思い出してはくれるのですがどこかの村みたいに
金塊でも買ったのですかね。

投稿: ライダー | 2014年9月17日 (水) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/60327767

この記事へのトラックバック一覧です: 地方創生の実態:

« 新しい政治グループについて | トップページ | スコットランドの住民投票 »