« 集団的自衛権の行使容認に対する抗議 | トップページ | Mac »

2014年8月11日 (月)

長崎市長に対する批判

「集団的自衛権に関する国民の不安や懸念の声に耳を傾けて欲しい」

 長崎市長の「平和宣言」の一節であるが、抑制された中で多くの国民の声を代弁したもので、ごく常識的なものである。

 自民党の国会議員がこれに噛み付いているようだが、こうした政治家がいかに国民感覚から離れているかよくわかる。

 さらに、発言の内容について反論するのならともかく、国政に関する問題を取り上げるのは筋違いだと言わんばかりに、市長の発言自体を制約するような言い方をするのは、いかにも筋が悪い。おごり以外の何ものでもない。

人気ブログランキングへ

|

« 集団的自衛権の行使容認に対する抗議 | トップページ | Mac »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/60136403

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎市長に対する批判:

« 集団的自衛権の行使容認に対する抗議 | トップページ | Mac »