« 内閣改造 | トップページ | 内閣改造 »

2014年8月26日 (火)

住み良い地域と国を作るために

 政治は、民主主義のルールを無視して暴走し始めている。岩国でも基地の強化が際限なく続き、一方では、住民の負担は増加し、ますます住みにくい町になり衰退する。
 こうした状況を黙って見過ごすことはできず、住み良い地域と国を作るために、前衆議院議員平岡秀夫さんと次の基本政策の実現に向けて協力していくこととし、その旨、記者会見で明らかにした。
 1.情報公開と民意の尊重
 2.自立したまちづくり
 3.社会福祉の充実
 4.安全保障問題
  憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使に反対する。
  住民の意思を尊重した米軍再編の見直し
  日米地位協定の見直し
 5.原発問題
  明確な期限を設けてすべての原発を廃止する。
  上関原発の建設中止。

人気ブログランキングへ

|

« 内閣改造 | トップページ | 内閣改造 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

また平岡氏に騙されるだけだと思いますよ。
既存の政党や議員と手を組むのなら根本的な
政治改革なんて出来るわけありません。

投稿: ライダー | 2014年8月27日 (水) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/60213005

この記事へのトラックバック一覧です: 住み良い地域と国を作るために:

« 内閣改造 | トップページ | 内閣改造 »