« 草莽塾・光 | トップページ | 東京にて »

2014年8月22日 (金)

草莽塾・光

 草莽塾・光の第2回を開催した。  テーマは、行政と議会の役割。

 自治体の意思決定機関としての議会と行政の実態と問題点、そのあり方について、私の経験も含めて説明した。 
 市民の負託を受けた議員一人ひとりが、民意を背景に堂々と議論し、自治体の行く先を決定する。そうした言論の府としての機能を果たしていない。 裏の根回しで大切なことが決定され、議会では何も議論もなく、単なる形式に終わる。
 何も波風が立たない議会がいい議会だと思ったら、大間違い。裏で取引、癒着があり、市民の利益は犠牲になる。

人気ブログランキングへ

|

« 草莽塾・光 | トップページ | 東京にて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/60192848

この記事へのトラックバック一覧です: 草莽塾・光 :

« 草莽塾・光 | トップページ | 東京にて »