« 閣議決定を読んでみると | トップページ | 閣議決定より(3) »

2014年7月 4日 (金)

閣議決定より(2)

(前文)
「日本国憲法の施行から67年となる今日までの間に、我が国を取り巻く安全保障環境は根本的に変容するとともに、更に変化し続け、我が国は複雑かつ重大な国家安全保障上の課題に直面している。
 グローバルなパワーバランスの変化、技術革新の急速な進展、大量破壊兵器や弾道ミサイルの開発及び拡散、国際テロなどの脅威により、脅威が世界のどの地域において発生しても、我が国の安全保障に直接的な影響を及ぼし得る状況になっている」
 
 国際情勢が常に変化しているのは事実であるが、それにより、「紛争などが世界のどこで発生しても、日本の安全保障に直接影響を与える」という部分は、後の集団的自衛権行使につながる部分であるが、何の具体的な根拠が示されておらず、論理に大きな飛躍がある。

人気ブログランキングへ

|

« 閣議決定を読んでみると | トップページ | 閣議決定より(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59929002

この記事へのトラックバック一覧です: 閣議決定より(2):

« 閣議決定を読んでみると | トップページ | 閣議決定より(3) »