« サラエボ事件から百年 | トップページ | 集団的自衛権に関する想定問答集 »

2014年6月28日 (土)

柱島へ

06281 久し振りに、柱島三島の内の端島と黒島へ出かけた。
 集会には、それぞれの島に住むほとんどの方に参加していただいた。それでも、20人弱。急速に人口が減少しているが、みなさんお元気で、懐かしい顔ばかり。
 漁業の問題など様々なご意見やご要望をいただいた。
 どこまでも澄んだ青い海と緑の島々、豊かな漁場、盛んなりし頃の話も出たが、この先、こうした瀬戸内の島に人が住まなくなったら、この国はどうなるのだろうかと心配される。

人気ブログランキングへ

|

« サラエボ事件から百年 | トップページ | 集団的自衛権に関する想定問答集 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59893207

この記事へのトラックバック一覧です: 柱島へ:

« サラエボ事件から百年 | トップページ | 集団的自衛権に関する想定問答集 »