« トップの暴走 | トップページ | 情報公開 »

2014年6月11日 (水)

党首討論より

(海江田)行使によって自衛隊が血を流すことがあるのは明らかだ。
(安倍) 邦人を運ぶ米国の船が襲撃された際に、守れなくてよいのか。今までの憲法解釈では守れない。国民の平和、命を守ることを願ってつくられた憲法が、国民の命を守る責任を果たさなくてよいと言っているとはどうしても思えない。

 安倍さんは軍事しか頭にないようだが、憲法は、もっと別の方法によって国民の命を守るべきと言っているのである。もちろん、「国民の命を守らなくてもいい」と言っているわけではない。
 政権の中には、もっときちんとした論理を考える人材はいないのだろうか。
 いい加減な議論に拍手を送る後ろの議員も含めて、こんな人たちに政治を任せているのかと思うと、情けなくなる。

06111

人気ブログランキングへ

|

« トップの暴走 | トップページ | 情報公開 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59800835

この記事へのトラックバック一覧です: 党首討論より:

« トップの暴走 | トップページ | 情報公開 »