« 愛宕山に関する緊急学習会 | トップページ | 安保法制懇報告書抜粋(7) »

2014年6月 1日 (日)

拉致問題の再調査

 北朝鮮との間で拉致被害者などの再調査の合意がなされたことで、被害者家族の方々の期待が高まっている。
 もちろん、一部の方でも帰国が実現すればそれに越したことはない。
 しかし、北朝鮮の姿勢が急に変わったわけでもない。
 取引に使われるおそれも十分にあり、注意する必要がある。
 締め付けばかりでなく、北朝鮮との二国間の関係をきちんと作り、順次国際社会の中に受け入れていくことも大切。
 彼らが安心感を持つようになって、初めて拉致問題の全面解決への道が開ける。

 安倍さんが成果を声高に喧伝すればするほど、懐疑的になるのは私だけだろうか。 

人気ブログランキングへ

|

« 愛宕山に関する緊急学習会 | トップページ | 安保法制懇報告書抜粋(7) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

小泉純一郎元首相が一兆円で拉致被害者を買い戻したことが
最近になってネットを騒がせていますが今度は安部総理が
朝鮮総連のビルでも献上する密約でも結んだのでしょうかね。

投稿: ライダー | 2014年6月 2日 (月) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59744889

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致問題の再調査:

« 愛宕山に関する緊急学習会 | トップページ | 安保法制懇報告書抜粋(7) »