« 安保法制懇報告書・抜粋(3) | トップページ | 大飯原発運転差止判決・抜粋 »

2014年5月22日 (木)

厚木騒音訴訟判決

 厚木騒音訴訟で、睡眠妨害や生活妨害などの被害を認め、自衛隊機の夜間飛行差止めを命じる判決が出された。全国で初めての画期的なもの。
 しかし、米軍機の飛行差止めについては、「国が厚木基地の使用を許可する行政処分がないし、根拠となる法令の規定もない。従って、行政訴訟の対象となる処分が存在しないので、不適法」として却下された。
 確かに、米軍基地は通常の行政処分の対象ではないかもしれないが、条約と地位協定により現実に存在し、米軍機により自衛隊機をはるかに超える住民被害が生じているにも拘わらず、何も判断しないというのであれば、司法としての役割を果たしていない。

05212

人気ブログランキングへ

|

« 安保法制懇報告書・抜粋(3) | トップページ | 大飯原発運転差止判決・抜粋 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59688668

この記事へのトラックバック一覧です: 厚木騒音訴訟判決:

« 安保法制懇報告書・抜粋(3) | トップページ | 大飯原発運転差止判決・抜粋 »