« 世論調査(2) | トップページ | 集団的自衛権の限定的行使(2)? »

2014年5月 4日 (日)

集団的自衛権の限定的行使?

 集団的自衛権の限定的行使を認めるべきだという議論がなされているが、その際にとんでもない事例が引き合いに出されている。
 誰が考えたのか、まったくの空理、空論、こんなでたらめな議論にごまかされてはいけない。
 「アメリカに向うミサイルが日本の上空を通過するとき、迎撃しなくていいのか」
 いかにももっともらしいが、よく考えてみると、いきなりミサイルが飛んでくるわけもないし、仮にそういう事態になるとすれば、すでに北朝鮮とアメリカは戦争状態になっているはず。ミサイルを迎撃するということは、その戦争に参戦するということ。
 つまり、「限定行使」などとのんきなことを言っている暇もなく、本格的な戦争に突入することになる。

 05041

人気ブログランキングへ

|

« 世論調査(2) | トップページ | 集団的自衛権の限定的行使(2)? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59583385

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権の限定的行使?:

« 世論調査(2) | トップページ | 集団的自衛権の限定的行使(2)? »