« 集団的自衛権をめぐる議論 | トップページ | 草の根大会近づく »

2014年5月17日 (土)

集団的自衛権(2)

「紛争地から避難する日本人を輸送するアメリカの軍艦が攻撃を受ける場合、自衛隊が守らなくていいのでしょうか」
 集団的自衛権の行使が必要な場合として、安倍さんが挙げた具体的な例である。
 こんな非現実的な例を持ち出して、国民をごまかそうとするなんて、愚かなことである。聞けば聞くほど、不信感が強まる。
 彼の狙いは、こんなことであるはずがない。端的に言えば、朝鮮半島で戦争が起こったときに、アメリカの要請により参戦することができるようにすることにある。
 それにしても、誰が考えたのか知らないが、ありもしないような特殊な事例を持ち出して、どうだと言わんばかりに胸を張る安倍さんの浅はかさ。
 自ら墓穴を掘っているのがわからないのだろうか。

0516

人気ブログランキングへ

|

« 集団的自衛権をめぐる議論 | トップページ | 草の根大会近づく »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

紛争地域から避難する日本人を輸送するアメリカの軍艦は
安部総理が心配しなくても米軍が万全の体制で守っていると思います(笑)
映画みたいに護衛も無く紛争地域へ単独で救出のために出動するなんて
絶対にありませんから。

投稿: ライダー | 2014年5月18日 (日) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59660875

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権(2):

« 集団的自衛権をめぐる議論 | トップページ | 草の根大会近づく »