« 広中ひであきを励ます会 | トップページ | 国会議員の報酬が元に戻る »

2014年4月30日 (水)

外務省への情報公開請求

 2月24日付けで、外務省に対して次の文書の公開請求を行った。
『安倍首相の靖国参拝に関する米国向け「想定問答集」』
 回答期限である1ヶ月後に、さらに期限を1ヶ月延長するという通知が届いた。
 その理由は、「担当課(室)において他の事務が繁忙である」
 そして、4月25日付で、ようやく「開示決定等通知書」が届いた。
 標題を見ると、いかにも開示されたようであるが、内容は、「不開示(不存在)」であった。
 不開示の理由は、次の通り。
 「関係すると思われる部局において探索しましたが、対象となる文書が確認されなかったため、不開示(不存在)としました。」
 非開示にするとその理由が難しくなるので、文書がない(不存在)で逃げようとする。姑息なやり方である。
 TBSテレビで文書の実物が放映されており、実在することは確実である。
 役所というところは、都合が悪いと平気で嘘をつく。
 早速、外務大臣に対して、「異議申し立て」を行いたい。

シャクナゲ

04301

人気ブログランキングへ

|

« 広中ひであきを励ます会 | トップページ | 国会議員の報酬が元に戻る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59560858

この記事へのトラックバック一覧です: 外務省への情報公開請求:

« 広中ひであきを励ます会 | トップページ | 国会議員の報酬が元に戻る »