« 花見 | トップページ | 必要最小限の集団的自衛権 »

2014年4月 2日 (水)

消費増税分の使い道

 「消費増税分は、すべて社会保障の財源に充てる」
 政府の説明であるが、はっきり言ってごまかしである。彼らの言うことはほとんど嘘だと思った方がいい。  裏にまったく違う意図が隠されている。
 3%で今年度は約5兆円の増収の予定であるが、これは、端的に言えば、全体の税収がこれだけ増えるという ことに過ぎない。
 税収が5兆円増えて、社会保障の財源も5兆円増えればいいのだが、替わりに公共事業費が増えれば、増税分 はそちらに回ったことになる。
 実際に、今年度の予算では、約5千億円(増税分の約1割)が子育て支援など社会保障の充実に使われるだけ で、大部分は他の経費に回されるのである。

夜桜(友人の撮影)

0402

人気ブログランキングへ

|

« 花見 | トップページ | 必要最小限の集団的自衛権 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59400566

この記事へのトラックバック一覧です: 消費増税分の使い道:

« 花見 | トップページ | 必要最小限の集団的自衛権 »