« 必要最小限の集団的自衛権 | トップページ | 教科書検定 »

2014年4月 4日 (金)

大間原発差し止め訴訟

 函館市が、国と事業者に対して対岸の大間原発の建設差し止めを求める裁判を起こした。
 「一旦事故が起これば取り返しのつかない被害があるのに、周辺自治体の意見を聴いてもらえなかったので、 町を守るためやむを得ず、提訴に踏み切った」
 市民の安全を守るためにあらゆる手段を尽くすという市長の姿勢は、大いに共感できる。
 福島の事故を経験して、原発は立地自治体だけの問題ではないことは明らかである。    少なくとも、30キロ圏内、あるいはそれ以上の地域の住民や自治体の意見がきちんと反映される仕組みを早 急に作る必要がある。
 このまま再稼働や建設を強引に推し進めれば、各地で反発が強まる。

04023

人気ブログランキングへ

|

« 必要最小限の集団的自衛権 | トップページ | 教科書検定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59412321

この記事へのトラックバック一覧です: 大間原発差し止め訴訟:

« 必要最小限の集団的自衛権 | トップページ | 教科書検定 »