« 政策勉強会 | トップページ | 日韓関係について »

2014年3月23日 (日)

日米地位協定について

 前泊博盛さん(沖縄国際大学教授)の講演を聞く。
 アメリカ軍は、沖縄を中心にこれだ毛多くの基地を日本に持ち、市民生活に大きな被害をもたらしながら、自由に行動している。
 それに対して、日本政府は何も言えず、日本の法律さえ適用されない。
 普通に考えれば、おかしい、異常なことである。
 占領が続いているような状態にあり、その根拠となっているのが、日米地位協定である。
 さらに、裁判権や低空飛行訓練など、その協定さえ守られていない実態もある。
 腫れ物に触るような歴代の政府の態度は、あまりにも情けない。
 日本の法律がきちんと適用されるように、地位協定の抜本的な見直しを行うべきである。
 自立した法治国家として当たり前のこと。
 岩国基地を視察した前泊さんの感想
「立派な基地が建設されており、普天間に替わって、今後岩国が海兵隊の主要基地になるかもしれない」

こぶしの花

0321

人気ブログランキングへ

|

« 政策勉強会 | トップページ | 日韓関係について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

米国だけじゃなく中国や韓国に対しても
全く物が言えない日本はどうかしています。
反日教育している国と友好だの親善だの
金だけ毟り取られて御人好しにもほどがあります。
まあ自分の金じゃないから何億円でも
支援しますって簡単に言えるのでしょうけど。

投稿: ライダー | 2014年3月24日 (月) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59343482

この記事へのトラックバック一覧です: 日米地位協定について:

« 政策勉強会 | トップページ | 日韓関係について »