« 沖縄竹富町に対する国の是正要求 | トップページ | 竹富町の教科書(2) »

2014年3月17日 (月)

竹富町の教科書

 教科書の採択は、本来自治体の権限であり、地区の採択協議会における選定は便宜的なものに過ぎない。もちろん、国に干渉する権限はなく、自治法に基づき是正要求をするなどとんでもない。政治的圧力以外のなにものでもない。
 岩国においても、一部の議員による圧力でもあったのであろうか、突然、多くの市民の知らない間に特殊な教科書が使用されるようになっている。
 安倍さんの目指すところ、教育に対する政治の圧力が確実に強まっている。

人気ブログランキングへ

|

« 沖縄竹富町に対する国の是正要求 | トップページ | 竹富町の教科書(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

岩国もですか・・・
周南でも政治の圧力としか言えない信じがたい
授業が始まっています。

他国の反日教育をバカにできない日本になって欲しくないですね。
残念

投稿: 津久井 | 2014年3月18日 (火) 16時24分

日本国内で日本国民に対しては
厳しく締め付けても例によって米国には
全く意見が言えず国益を損なっても
従いますの坊ちゃまはホントに情けないですね。

投稿: ライダー | 2014年3月18日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59311340

この記事へのトラックバック一覧です: 竹富町の教科書:

« 沖縄竹富町に対する国の是正要求 | トップページ | 竹富町の教科書(2) »