« 伊予灘の地震 | トップページ | 竹富町の教科書 »

2014年3月16日 (日)

沖縄竹富町に対する国の是正要求

 ここにも、安倍さんのやり方がよく顕われている。  余計な解説などせずに、東京新聞(3月16日)より抜粋して紹介する。最後の教育長の言葉には 、心を動かされる。

「中学公民教科書の採択をめぐり、地区協議会が選んだ保守色の強い育鵬社版を拒否する竹富町教 育委員会に、下村文部科学相が是正要求を突きつけた。地区内での同一教科書の採択を義務づけた 法律に違反するとの判断だ。

 八重山地方の採択地区協議会は2011年、教員が推薦しなかった育鵬社版を決定。選定方法に 反発する竹富町は、教育委員全員で複数社の教科書を読み込み、東京書籍版を採択した。

 戦争放棄を定めた憲法9条や米軍基地問題の記述を「東京書籍版は軍事力に基づかない平和に重 点を置いている」と評価。慶田盛(けだもり)教育長は何枚もの付箋が付いた教科書を手に「皆で よく勉強した」と振り返った。

 竹富町が要求に応じなくても罰則はなく、国が違法確認訴訟を起こし勝訴しても強制はできない 。文科省幹部は「保守色が強い安倍政権のパフォーマンスの意味合いが強い」と明かす。

 竹富町では、新年度で使う東京書籍版46冊の配布準備が進む。慶田盛教育長は「やはりわれわ れは正しい」と静かに話し、地域の教育を担ってきた自負をにじませた。」

人気ブログランキングへ

|

« 伊予灘の地震 | トップページ | 竹富町の教科書 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今日の一般質問でこの問題にも触れるつもりです。

投稿: 信濃のアブマガ | 2014年3月17日 (月) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59305352

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄竹富町に対する国の是正要求:

« 伊予灘の地震 | トップページ | 竹富町の教科書 »