« 竹富町の教科書(2) | トップページ | 草の根集会のご案内 »

2014年3月19日 (水)

クリミア情勢

 ロシアによるクリミアの編入が進められようとしている。

 住民投票を経ているとは言え、事実上力による国境線の変更であり、許されるものではない。

 一方で視点を変えれば、歴史的にロシアと深い関係にあるウクライナの位置を考えれば、EUの拡大も性急に過ぎ、ロシアの危機感を煽ったのではなかろうか。

 足並みの乱れはあるものの、今後ロシアに対する制裁が強化され、双方の対立が激化する。

 それにしても、プーチン大統領の演説を聞き熱狂する人たちを見ていると、あのヒトラーのことがふと頭をよぎる。

 イギリスのチェンバレン首相の宥和政策により、ナチスドイツは自国民保護を口実にチェコの確かズデーテン地方、そしてオーストリアへとその触手を伸ばしていく・・・

人気ブログランキングへ

|

« 竹富町の教科書(2) | トップページ | 草の根集会のご案内 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

中国も全く同じことをしていますので
非難されるべきです。
国連常任理事国はろくでもない
ならず者の集まりですね。

投稿: ライダー | 2014年3月20日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59322053

この記事へのトラックバック一覧です: クリミア情勢 :

« 竹富町の教科書(2) | トップページ | 草の根集会のご案内 »