« 核密約 | トップページ | 橋下市長の辞職について »

2014年2月 3日 (月)

橋下市長の辞職・出直し市長選

 「大阪都構想の是非を問うのではなく、今年秋の住民投票に向けて夏までに、区割り案を含む設計図を作るかどうかについて、民意を問うことが出直し市長選の目的である」
 同じことを繰り返しながら延々と続いた記者会見で橋下さんが言いたかったことのようである。
 要するに、自らの構想が予定通りに進まないから、切れてしまったというだけのこと。
 独りよがりで、軽薄、異常とも思える彼の人間性がよく顕われている。
 問題点を少し整理してみる。
 まず、大阪都構想に対する市民の関心が薄いこと。ほとんどの市民はその必要性を理解しておらず、彼の独りよがりに過ぎない。まして、その手続きが順調に進まないからといって、選挙に訴えるなど論外。粘り強く関係者の理解が得られるよう努力すればいいだけ。
 彼は、この構想にのめり込んでいるが、市長としては、もっと大切なことはたくさんある、予算もその一つ。それらをいきなり放り出して顧みない、無責任極まりない。
 

人気ブログランキングへ

|

« 核密約 | トップページ | 橋下市長の辞職について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59067552

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下市長の辞職・出直し市長選:

« 核密約 | トップページ | 橋下市長の辞職について »