« 都知事選と報道 | トップページ | 山口市議選 »

2014年2月11日 (火)

選挙と出口調査

 今回の都知事選もそうであったが、20時に投票が締め切られた直後に当選確実と報道されることがよくある。
 公式な開票は通常21時頃から行われるが、その前に結果を断定的に伝えるのは、やはり普通ではないし、早くから万歳などが行われるのも奇異に感じる。
 早さを競う意味があるのだろうか。私たちはそれを望んでいるのだろうか。
 むしろ、開票結果を静かに待つべきではなかろうか。
 出口調査により、実際の投票傾向をつかみ選挙後の分析に活用するのであれば、問題ないし、有権者の多様な意識を知るうえで大変参考になる。しかし、注意すべきは、その情報が投票締め切り前に外部に漏れ候補者側に伝わる恐れがあることである。投票日でも、電話で投票所に行くことを勧めたり、車で送迎するなどの活動をすることはできる。

梅の花が開く

02111

人気ブログランキングへ

|

« 都知事選と報道 | トップページ | 山口市議選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/59116616

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙と出口調査:

« 都知事選と報道 | トップページ | 山口市議選 »