« 名護の圧倒的民意 | トップページ | 山口知事選 »

2014年1月20日 (月)

名護市長選挙に対する政府の反応

 菅官房長官
「できる限り丁寧に説明し、理解を得ながら、淡々と進めていきたい」
「(市長の)権限は限定されている。支障はないだろう」
 石破幹事長
「政治目的で『一切、認めない』というのはあまり正しくない」
 小野寺防衛大臣
「地方選挙なので辺野古問題に直結するとは考えていない」

 市長権限の問題ではなく、住民が明確にノーを突きつけたことの重みが何もわかっていないようだ。
 官房長官が、公然と「民意」を無視する、つまり民主主義を否定すると言っているに等しい。
 こんな政治は、百害あって一利なし。倒すべし。

人気ブログランキングへ

|

« 名護の圧倒的民意 | トップページ | 山口知事選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民党や民主党は民主主義や民意を
無視し続けていますね。
選挙で当選したら白紙委任状を
貰ったのと同じだと言った弁護士の
バカな政治屋がいますけど
民意に従わないのなら失政の
責任はキチンと取らさないといけませんね。

投稿: ライダー | 2014年1月21日 (火) 20時12分

岩国で沖縄副知事と話し合いがあったばかりなのに翌日(23日)岩国市議が沖縄を訪れたみたいですが何の目的でしょうか 那覇ハーバービューホテルの2Fに[岩国市議会様御席]とあったらしいですが一体何人行ったのでしょうか もちろん公務で公費ですよね 観光ではないことを願います

投稿: 市民 | 2014年1月24日 (金) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58981735

この記事へのトラックバック一覧です: 名護市長選挙に対する政府の反応:

« 名護の圧倒的民意 | トップページ | 山口知事選 »