« 秘密保護法からわかること | トップページ | 神戸にて »

2013年12月 9日 (月)

今、我々は何をなすべきか

 強大な与党が、好き勝手にこの国のかたちを変えようとするとき、我々は、何をなすべきか。
 市民の運動を盛り上げ政府に圧力をかける。
 司法の場で闘う。
 いずれも大切なことであるが、それだけでは、この大きな流れをけることは難しい。
 ではどうするか。
 やはり、政治の場で多数をとる。選挙で勝つことである。
 そのためには、既成の政党や市民活動の枠を超えて、普通の市民が幅広く支援、参加することができる仕組みが必要。
 明日は、護憲円卓会議(神戸)の会合に飛び入り参加する。
 方法論は違うかもしれないが、政治を何とかしたいという思いは同じであり、話をすれば理解が進む。

人気ブログランキングへ

|

« 秘密保護法からわかること | トップページ | 神戸にて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

数は力なり。(数は正義なり?)
民主主義とは、多数決で物事を決めることである。
今回の特定秘密保護法の成立過程を見てこのことを再認識させられました。
井原氏のおっしゃるように選挙で勝たなければ正論であっても通らない。
ではどうすれば選挙に強い候補者となれるのか。
野党が束にならなければと言う人が今も昔もいる。なかなか束になれないが、最大の要因は、国民の政治的無関心にあると思う。
「自分には関係がないだろう」。このことは、投票率の低空飛行と言う数字になって現れている。
そうなのだ。この無関心層に浸透し、人心を捕まえることの出来る政治家の出現こそ待たれているのだ。

投稿: 西崎孝一 | 2013年12月15日 (日) 00時38分

いざ♪となれば、永田町・霞が関を 300 万人で
包囲すれば良いのです。
その気になれば、私たちも 「 民衆革命 」を遂行すること
ができます。
成功体験の蓄積が、日本を本物の民主主義社会にする
" 鍵 " かと思います。

投稿: あけぼの | 2013年12月23日 (月) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58728095

この記事へのトラックバック一覧です: 今、我々は何をなすべきか:

« 秘密保護法からわかること | トップページ | 神戸にて »