« 秘密保護法について | トップページ | 今、我々は何をなすべきか »

2013年12月 8日 (日)

秘密保護法からわかること

 国会議員、その一人である安倍さんも我々の代表であるということになっているが、国民の思いなど眼中にないかのような振る舞いを見ていると、とても代表とは言えない。
 どうして、こんな政治家が生まれるのであろうか。
 選挙での選ばれ方に問題がある。
 企業や団体、官僚たちの応援で当選すれば、国民を顧みる必要はないのである。
 世襲政治家にとっては家業を守ることが第一であり、国民のために働く気持ちなどはなからない。
 議会での議員の恣意的な行動を制御するために、議案の審議過程に国民の意思が直接反映される仕組みを作る必要がある。

12072

人気ブログランキングへ

|

« 秘密保護法について | トップページ | 今、我々は何をなすべきか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

国から村まですべて議員を裁判員みたいに
国民から無作為に選ぶ制度にするのが
良いのではないでしょうか。
マイナンバーとか国民を番号付けしたいのでしょうから
宝くじの当選番号を決めるみたいに
公開して利害関係や不正の無い選び方はいくらでも
あると思います。

投稿: ライダー | 2013年12月 9日 (月) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58722695

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密保護法からわかること:

« 秘密保護法について | トップページ | 今、我々は何をなすべきか »