« 秘密保護法案の強行採決 | トップページ | 秘密保護法について »

2013年12月 6日 (金)

草の根集会・宇部の開催

 宇部で、草の根集会を開催。
 「今の政治状況に「絶望」している」
 3~4人から出た言葉に驚く。
 政治が落ちるところまで落ちれば、そこから、必ず新しいものが生まれる。
 時代は大きく動き始めている。
 「絶望」ではなく、「希望」を持つべき。
 

人気ブログランキングへ

|

« 秘密保護法案の強行採決 | トップページ | 秘密保護法について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

『「絶望」ではなく「希望」を持つべき』を読んで、うれしく思います。
「政治が落ちる所まで落ちれば」まっくら闇であるありますが、しかし、「そこから、必ず新しいものが生まれる。」とあります。
東北、仙台の定禅寺通りに、0000個の電球が灯ったという。悲惨な現実の中にも、灯りをともさなければということであろう。
今は、クリスマスのシーズンである。「光はやみの中に輝いている。そしてやみはこれに勝たなかった」とある。
闇が深ければ深いほど、光は輝きを増す。「そこから、必ず新しいものが生まれる」。新しい日本の創造は、今から始まるのであろう。
『「絶望」ではなく、「希望」を持つべき。』に励まされて、一歩を歩み始めようと、思います。


投稿: こはつ | 2013年12月 7日 (土) 05時41分

方法の多様性を認めつつ、
「 社会正義を実現する 」ことを
政治の目的として、再定義すべきかと思います。

投稿: | 2013年12月 8日 (日) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58710748

この記事へのトラックバック一覧です: 草の根集会・宇部の開催:

« 秘密保護法案の強行採決 | トップページ | 秘密保護法について »