« 辺野古の埋立承認 | トップページ | 沖縄知事の埋立承認に対する反応 »

2013年12月27日 (金)

仲井真知事「公約変えてない」

 「公約変えてない」「県外移設の要求と埋め立て承認は併存しうる」
 支離滅裂で、何を言っているのかわからない。
 仲井真知事の会見を聞いていて、その見苦しさに、驚くというより、憐みを感じる。
 こんな白々しい言い訳、言い逃れをしても、誰も信じない。
 「汚染水は完全にコントロールされている」安倍さんを筆頭に、山口県知事や岩国市長の発言も同様、ごまかしのオンパレード。やはり、政治を根本から変える必要がある。
 普天間移設に向けて手続きが無理やり進められるであろうが、民意の強い抵抗を受けるのは必至であり、再び対立と混乱が深まる。
 政府やアメリカに対する反発は強まり、沖縄の基地全体を揺り動かす契機になるかも。
 こうしたやり方は、彼らにとって逆に不利益になることを思い知ることになるだろう。

ジュゴン

1227jugon

人気ブログランキングへ

|

« 辺野古の埋立承認 | トップページ | 沖縄知事の埋立承認に対する反応 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

猪瀬都知事の言う「プロの政治家」とは、金丸信氏をすぐにイメージしたのですが、仲井真知事もこれに加えていいと思います。
基地負担を強調し被害者として日本政府からお金を取る。
今回も2016年度まで3,000億円台の沖縄振興資金を他県に支給される補助金や交付金とは別枠で取ることに成功しました。
彼曰く、「これで総理と2人は良い正月が迎えられる」と。
なかなかのやり手と見ました。
「基地の県外移設」とした従来の公約に反しない理由として「名護市の反対も強いものがあり(現に1月には、名護市長選挙があり、辺野古移設反対派の現職も立候補します。)、県民の抵抗運動も強烈だろうから辺野古の埋め立ては出来ないだろう。そうなると県外移設しかないのだ。」と言うのです。
県内では、基地移設は不可能、もらえるものは頂く。
全く持って良いタマです。

投稿: 西崎孝一 | 2014年1月 1日 (水) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58832321

この記事へのトラックバック一覧です: 仲井真知事「公約変えてない」:

« 辺野古の埋立承認 | トップページ | 沖縄知事の埋立承認に対する反応 »