« クリスマスイブ | トップページ | 辺野古の埋立承認 »

2013年12月25日 (水)

沖縄知事の対応

 安倍さんと会見した沖縄の仲井眞知事は、次のように発言。
「驚くほど立派な対応をしてもらった。140万県民を代表して感謝する。これで、いい正月を迎えることができる」
 これを聞いて、こちらが驚いた。こんな大切なことを知事一人で勝手に決めていいのだろうか。
 政治家と有権者の関係について考えてみる。
 まず、当然のことながら、選挙の際の公約、その後の県民との約束を一方的に破ることは許されない。
 また、これまでの経過を見れば、県民の意思は「国外・県外移設」にあることは明らかであり、これに反する行動をする権限は知事にはない。
 安倍さんにしても、沖縄の民意を無視して強引に進めれば、対立を激化させるだけで、決して問題を解決することにはならない。
 普天間問題を解決する唯一の道は民意に正面から向き合うことと知るべき。
今年植えたブルーベリー

1225

人気ブログランキングへ

|

« クリスマスイブ | トップページ | 辺野古の埋立承認 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58821391

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄知事の対応:

« クリスマスイブ | トップページ | 辺野古の埋立承認 »