« ニューヨーク・タイムズの記事 | トップページ | 新年のご挨拶 »

2013年12月31日 (火)

年の終わりに

 原発への執着、アメリカの言いなり、一方で近隣との対立をあおる未熟な外交、公共事業の大盤振る舞い、他方では国民の負担増、お金で上辺をごまかすばかりの経済政策・・・
 一言で言えば、政治が国民のために行われていない。
 背景には、業界や団体、官僚、外国などがあり、政治は保身と利権に走るのみ。
 情報は隠され、ごまかしが横行する。
 戦後60年以上が経過して、こんな政治しか持てないのかと思うと、恥ずかしい限り。
 自ら立ち上がり、この国を変えたいという想い、ますます募る。
 拙い文に1年間お付き合いいただき、ありがとうございました。
 良いお年を!

人気ブログランキングへ

|

« ニューヨーク・タイムズの記事 | トップページ | 新年のご挨拶 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58859159

この記事へのトラックバック一覧です: 年の終わりに:

« ニューヨーク・タイムズの記事 | トップページ | 新年のご挨拶 »