« 草の根集会・東京 | トップページ | 政策を持とう個人演説会(2) »

2013年11月24日 (日)

政策を持とう個人演説会

 第9回の個人演説会が開催された。
 前回の「民主主義を実現するための私の提言」について、項目ごとに議論を深めた。その内容の一部を紹介する。
1.情報公開について
・情報公開法や条例に非開示情報として規定されている「行政内部の検討協議に関する情報(意思形成過程情報)」は、行政により拡大解釈され非開示の口実にされるので、削除すべき。
・開示請求に対する決定は、行政ではなく、外部の第三者機関が行う。特定秘密保護法の修正協議で出てきた「首相が第三者機関的関与を行う」といういい加減なものではなく、人選も含めて中立・独立した機関であることはもちろんである。
2.選挙のあり方
 候補者の理念や政策を広く有権者に周知させるために、選挙期間を長期化し(1~3ヶ月)、公的機関により選挙の運営を行う(文書の配布、公開討論会、ポスターの掲示など)

11232

人気ブログランキングへ

|

« 草の根集会・東京 | トップページ | 政策を持とう個人演説会(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58638178

この記事へのトラックバック一覧です: 政策を持とう個人演説会:

« 草の根集会・東京 | トップページ | 政策を持とう個人演説会(2) »