« 負担の押し付け合い | トップページ | 草の根集会の日程 »

2013年11月10日 (日)

岩国市長の沖縄訪問の意味

 「岩国市長、米軍給油機受け入れ模索」と題して、岩国市長の沖縄訪問を伝える沖縄タイムスの記事が掲載されている。
 自治体の首長の責任は、住民の安全を守ることであり、沖縄の負担軽減を論ずる立場にはないし、複雑に絡み合った沖縄の実態を短期間に把握する能力もない。
 先般の滋賀県でのオスプレイ訓練の視察と同じように、招待を受けて軽々に沖縄を訪問することは、普天間移設を進めたいとする国の方針に手を貸すだけのことである。
 もちろん、県外移設により根本的な負担軽減を目指す沖縄の人々の思いに反することにもなる。

人気ブログランキングへ

|

« 負担の押し付け合い | トップページ | 草の根集会の日程 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58552231

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国市長の沖縄訪問の意味:

« 負担の押し付け合い | トップページ | 草の根集会の日程 »