« 錦川のダムについて考える講演会 | トップページ | 岩国市議会の開会 »

2013年11月30日 (土)

公共事業について

 ダムに関する講演で、印象に残ったこと。
 数百億円の予算がダム建設に使われることにより、本来必要な河川改修がなおざりにされ、かえって災害の危険性が高まるということ。
 錦川に計画されている平瀬ダムも、治水効果は限定的であり、無駄なダムの一つであろう。
 それでも、止まらない。
 企業は仕事を得て、政治家は裏で利権を得る。
 官僚たちは、予算獲得のために大型事業を好む。
 こうした仕組みができ上がっており、彼らにとって、国土がどうなろうと関係ないのである。
 こうして、この国は、コンクリートで破壊されていく。
 政治に、明確なビジョンと、指導力が必要である。

人気ブログランキングへ

|

« 錦川のダムについて考える講演会 | トップページ | 岩国市議会の開会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

財務省、外務省を占拠とか、タイ、凄いことになっていますね …
我が国の今の自民党政権なら、" 発砲命令 " とか出しかねないのではないでしょうか …

投稿: | 2013年12月 1日 (日) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58673713

この記事へのトラックバック一覧です: 公共事業について:

« 錦川のダムについて考える講演会 | トップページ | 岩国市議会の開会 »