« 個人演説会 | トップページ | 草の根集会・光 »

2013年10月28日 (月)

偽装ではなく誤表示?

「偽装ではなく誤表示」
「従業員が悪意をもってだます、不当な利益を得る考えはなかった」
 阪急阪神ホテルズ社長の言葉であるが、責任者の対応としては、いかにもまずい。
 こういう場合の鉄則は、まず、事実をしっかりと認め、きちんと責任をとることである。 法的にも社会的にも厳しい状況に置かれるかもしれないが、そこから、少なくとも次の段階に進むことができる。
 隠したり、言いのがれをしたり、責任逃れをしたくなるのが人情であるが、そうすればするほど、信頼はどんどん落ちていき、最悪の結果を招くことになる。
 前にも紹介したが、アメリカには次のような言葉があるという。
「隠せば隠すほど、情報は悪い情報になる」

1028

人気ブログランキングへ

|

« 個人演説会 | トップページ | 草の根集会・光 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

横領でなく流用だとか役人の犯罪と同じで
悪いイメージを言葉で軽減しようとする魂胆ですね。
どんな説明や弁解をしてもこれは詐欺です。
シイタケをマツタケだと騙して食べさせて
バレたらお金を返して済むわけがありません。

投稿: ライダー | 2013年10月29日 (火) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58472882

この記事へのトラックバック一覧です: 偽装ではなく誤表示?:

« 個人演説会 | トップページ | 草の根集会・光 »