« 普天間の岩国移設案? | トップページ | 核不使用共同声明への賛成 »

2013年10月12日 (土)

政治家の身勝手な論理

 TPP交渉で「聖域である重要5項目は守る」と公約しておきながら、一方で、5項目の中の586品目について、関税撤廃できるか検討するという。
 石破さん、「コメだけでも何十品目ある。それぞれについて検証しなければ交渉できない」
 初めから正直にそう言っていれば、何の問題もないのに、選挙でごまかすから、今になって、身勝手なへ理屈を言う羽目になる。
 「福島の汚染水問題は、コントロールされている」
 その後の汚染水漏れなどを指摘されると、敷地内のことを言っているのではなく、外部に漏れないようコントロールしているという意味だと、勝手に解釈を付け加える。
 IOC総会で安倍さんの発言を聞いたすべての人は、汚染水の処理が完全にうまくいっていると受けとめたはず。
 目的のために、深刻な実態を隠して、世界をごまかしてしまった。
 都合のいいように言葉をもてあそぶだけで、実がない。そんな政治家など、誰も信用しない。

1012

人気ブログランキングへ

|

« 普天間の岩国移設案? | トップページ | 核不使用共同声明への賛成 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58370873

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の身勝手な論理:

« 普天間の岩国移設案? | トップページ | 核不使用共同声明への賛成 »