« 日本は独立主権国家か | トップページ | 1今後の予定 »

2013年10月24日 (木)

下関にて

 私が市長のとき、下関には「岩国応援団」ができ、強く支援していただいた。その後、講演に招いていただいたこともあり、深いつながりがある。
 久し振りにそうした人たちにお会いし、旧交を温めるとともに、市民の政治グループの結成に関する私の思いを説明し、話し合いを行った。
 「国民には、政治における居場所がない。
  生活がかかっているので、無関心ではいけない。
  政治不信、無関心でいたら、既成の政党が喜ぶだけ。
  市民の力を結集する必要がある。
  政治グループとして活動する明確な目標が欲しい。」
 など、様々な意見が出され、実り多い議論ができた。
 原発や憲法などの課題に市民の意思を反省させるためには、市民自ら政治に直接関与し、政治家を作り、政治を変える必要があるという点では、ある程度の共通認識を持つことができたように思う。
 決して簡単なことではないが、こうした思いを形にする努力を引き続き行いたい。

1029

人気ブログランキングへ

|

« 日本は独立主権国家か | トップページ | 1今後の予定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ところで、特定秘密保護法案についてですが、
原発情報も「特定秘密」になりうると政府担当者が認めたようですね。 とても分かりやすい話です。 賛成者達はスパイがどうのと言ってますが、もはや日本の秘密をアメリカや中国が把握出来ない事なんて無いんですよね。 そんな事じゃなくて、自民党政府がこれから先も天下りや癒着によって、カネを得る為の鎧を強固にする為の法案。 あ、「自民党」と書きましたが、政権が他の党に移ったとしても同じ事でしょうけどね。

投稿: 健介 | 2013年10月25日 (金) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58448465

この記事へのトラックバック一覧です: 下関にて:

« 日本は独立主権国家か | トップページ | 1今後の予定 »