« 自治会について | トップページ | 安倍さん「痛恨の極み」 »

2013年10月18日 (金)

オスプレイの視察

 滋賀県で行われた日米合同訓練に初めてオスプレイが参加したが、その様子を岩国市長が視察したという。
 防衛省のご招待によるものであろうが、のこのこ出掛けて行けば、安全性の宣伝に利用されるだけである。もっとも、そのことも十分ご承知の上での視察であろう。
 今回も、オスプレイは岩国基地を拠点に活動しており、地元市長のなすべきは、担当外の軍事訓練を視察することではなく、岩国での運用の実態を把握し、市民の安全を守ること。
 つい最近まで反対していたはずであるが、いつの間にか、国の言いなりになっている。
 本土での訓練は、沖縄の負担軽減につながると評価する声もあるが、何のことはない、全国各地の空をわがもの顔に飛び回るだけ。こんなことで、沖縄の負担が少なくなることは絶対にない。これも、国の意図的な宣伝に乗せられている。

10182

人気ブログランキングへ

|

« 自治会について | トップページ | 安倍さん「痛恨の極み」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

政治家の皆さんはどなたも視察が
大好きな様子ですが実際に事故や
トラブルが起こっている時に出掛けて行って
視察しないと何の意味もないと思います。
そんな状況では視察の後の接待は無いと
思いますけど有意義な視察になると思います。

投稿: ライダー | 2013年10月19日 (土) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58410821

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイの視察:

« 自治会について | トップページ | 安倍さん「痛恨の極み」 »