« 消費税増税への国民の反応 | トップページ | 日米安全保障協議委員会の共同発表 »

2013年10月 6日 (日)

雇用の格差が問題

 非正規労働者の数は、約1,900万人、雇用者全体に占める割合はとうに3割を超えている。正社員の半分以下の年収で、ぎりぎりの生活を強いられている若者も多い。終身雇用と言われていた日本も、いつの間にか二極化、雇用の格差が拡大している。
 復興特別法人税を1年前倒しで廃止し、賃金の上昇につなげるという。そんなに簡単にいくとは思えないが、仮に効果があったとしても、その恩恵を受けるのは主として正社員であり、格差はむしろ拡大する恐れあり。
 好んでよくしゃべる安倍さんだが、非正規、雇用の格差という言葉が出てくることは一切ない。
 そんな中、政府の規制改革会議は、原則禁じられている契約期間30日以内の「日雇い派遣」の解禁を求める意見書を出した。
 不安定な雇用をさらに増やそうとするもので、まったく逆である。
 国民全体の生活の底上げなくして、景気回復なし。

絵手紙(鶏頭)

10062

人気ブログランキングへ

|

« 消費税増税への国民の反応 | トップページ | 日米安全保障協議委員会の共同発表 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58334660

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用の格差が問題:

« 消費税増税への国民の反応 | トップページ | 日米安全保障協議委員会の共同発表 »