« シリア情勢 | トップページ | ギンヤンマ »

2013年8月31日 (土)

シリア情勢への日本の対応

 ブレア前首相がブッシュのプードルと言われながら、ともにイラク戦争を戦ったあのイギリスが、今回は、アメリカとの距離をとった。
 フランスを除き、ドイツもカナダも慎重だという。
 一方で、安倍さんは、すでに支持を表明している。
 表向きは「同盟国だから」という理由のようであるが、実際には、アメリカに言われれば否やは言えないのであろう。
 しかし、ことは軍事介入であり情勢によっては日本も巻き込まれるかもしれないし、国益にも関わる重大な問題であり、アメリカの言いなりになるのではなく、可能な限りの情報収集をした上で、自らの理念に基づき主体的に判断すべきである。
 それにしても、イギリス議会で軍事介入の提案が否決されるや、直ちにキャメロン首相が議会の意思に従うと表明した光景は印象的であった。
 国民の前で堂々と議論し、明快に国の方針を決める。日本では見られない政治である。

人気ブログランキングへ

|

« シリア情勢 | トップページ | ギンヤンマ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「イギリス議会で軍事介入の提案が否決されるや、直ちにキャメロン首相が議会の意思に従うと表明した光景は印象的であった。」流石に議会制民主主義の本場ですね。「国民の前で堂々と議論し、明快に国の方針を決める。日本では見られない政治である。」当たり前のことですが、日本では考えられないことがなんとも悲しい。シェアさせて頂きます。

投稿: 猪谷 善久 | 2013年9月 5日 (木) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58103313

この記事へのトラックバック一覧です: シリア情勢への日本の対応:

« シリア情勢 | トップページ | ギンヤンマ »