« フクシマとオリンピック | トップページ | 消費税を増税すべきか否か »

2013年8月27日 (火)

『はだしのゲン』

 松江市教委は「教育委員会議に諮られておらず手続きに不備があった」として、学校現場に求めていた閲覧制限を撤回した。
 この問題の背景には議員の圧力があったのではないかと思われる。
 もしそうであれば、単なる手続きの不備では済まされない重大な問題が潜んでいる。
 議員になれば偉くなったと勘違いし行政に圧力をかけ不当な要求をする場合がある。行政も議員の言いなりになることが多く、突然妙な予算がついたり、行政の方針が変わったりする。
 岩国では以前から、教科書について議員の圧力が繰り返されてきたが、最近いつの間にか特別な歴史教科書に変わってしまった。
 国でも、議員と行政の関係は似たり寄ったり。
 安倍さんの登場に力を得て、特殊な考えを持った議員たちが全国で蠢き始めているはずであり、行政も毅然とした対応が求められることはもちろん、市民もしっかり監視する必要がある。

人気ブログランキングへ

|

« フクシマとオリンピック | トップページ | 消費税を増税すべきか否か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

岩国市教育委員会の教育行政能力は極めて劣っています。
どうしてこういうことに・・・・・なったのでしょうか。

投稿: | 2013年8月28日 (水) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/58078544

この記事へのトラックバック一覧です: 『はだしのゲン』:

« フクシマとオリンピック | トップページ | 消費税を増税すべきか否か »